« 15/07/01 (8)鉄道博物館 その6(ヒストリーゾーン<新幹線>) | トップページ | 15/07/01 (10)鉄道博物館 その8(その他展示編) »

2015.07.27

15/07/01 (9)鉄道博物館 その7(ヒストリーゾーン<貨物輸送/御料車>)

 続いては貨物輸送のコーナーです。まずは【EF66形式電気機関車】。出力3,900kWという国鉄の直流電気機関車では最高出力を誇った車両です。最高速度は110km/h。もともとはトラック輸送に対抗するための高速特急貨物列車用として開発された形式ですが、のちにその高速性能を活かし、東京-下関間で寝台特急列車の牽引機としても活躍しました。私はどちらかといえばブルートレインの先頭に立っている姿の方が馴染みがありますね。やっぱりこの機関車が一番カッコいいな……。


150701_09_01

150701_09_02

150701_09_03



 次は【レムフ10000形式貨車】。東海道・山陽本線の高速特急貨物列車に使われた冷蔵緩急車(=車掌室つきの冷蔵貨車)で、鮮魚の輸送に活躍しました。外観の写真は撮っていなかったようなので、車内の様子を。下関で獲れたばかりのフグが荷積みされる風景です。この後、最高時速100キロで首都圏へ向けて運ばれていきます。


150701_09_04


 こちらは【コキ50000形式貨車】。これまた昭和40年代初頭から台頭しつつあったトラック輸送への対抗上、鉄道とトラックを組み合わせた「フレートライナー」方式に対応すべく開発された高速貨車となります。当時主流だったヤード式では中継駅での貨車の組成に時間が掛かって到着時間も読みにくく、さらに発駅・着駅での荷物の積み替えも必要だったため、拠点間をコンテナ専用列車で直行輸送して両端区間はそのコンテナごとトラックでリレーするという(だから「戸口から戸口へ」なんですね)、今では当たり前となった方式の嚆矢となった形です。なお、EF66とコキ50000については現役の車種となっています。


150701_09_05


 ヒストリーゾーン最後を飾るのは、日本の持てる鉄道車両製作技術の粋を結集した究極の旅客車両、「御料車(ごりょうしゃ)」のコーナーです。

 他の車両と違い、こちらは普段はガラス越しにしか見学はできないので、写真は車両の一部を抜粋して。こちらは【初代1号御料車】で、明治天皇専用となる日本初の御料車。交通博物館時代から展示されていました。現存する最古の客車となっており、1877(明治10)年の京都-神戸間の開業式にも使われたそうです。国産の客車ではありますがイギリス人技師の監督による設計なので、インテリアは和風と英国風の折衷となっているようです。2003年には国の重要文化財にも指定されました。


150701_10_01

150701_10_02


 菊の御紋が紛うことなき皇室専用客車の証。


150701_10_03


 その隣に展示されているのは【初代2号御料車】。九州鉄道が製作した車両で、1号御料車と同様に明治天皇専用。こちらも交通博物館時代から展示されていました。同社ではドイツ製の機関車や客車をメインに運用していたため、こちらの車両もドイツの車両製造会社に発注したものとなっています。当時は希少品だった曲面ガラスを使用しているのも、コストを度外視した御料車ならでは。


150701_10_04

150701_10_05


 ちなみに「お召し列車」という言葉はよく耳にしますが、こちらは天皇・皇后・皇太后が公用で乗車する専用列車のことを指すため、それが新幹線だろうと通勤型電車であろうとすべてお召し列車に含まれます。アメリカ合衆国大統領専用機とエアフォースワンが別の意味なのと同じですね(POTUSが搭乗していれば、それが例えセスナであろうとエアフォースワンと呼ばれます)。現在は皇室専用客車としての現役車両はありませんが、2007年から運用を開始したJR東日本のE655系電車(愛称:なごみ)に特別車両として連結される車両が御料車としての位置付けとなります。

 こちらは【10号御料車】。大正時代に製作された車両で、歴代の御料車では唯一となるオープンエアの展望デッキをもつ客車となっているそうです。この客車は鉄道博物館開館とともに初めて車両展示に加わりました。


150701_10_06

150701_10_07


 うーん、ガラス越しなのでやっぱり写欲も湧かないなー……というわけで、7号・9号・11号御料車は省略して、以前ニュルンベルクのドイツ鉄道博物館で見学したバイエルン王国の王族専用客車を再掲してお茶を濁したうえで、ヒストリーゾーン編を〆ることにします。


20080412141700

20080412141844


 次回はその他のコーナーを見て回ります。

(2015.07.01)


« 15/07/01 (8)鉄道博物館 その6(ヒストリーゾーン<新幹線>) | トップページ | 15/07/01 (10)鉄道博物館 その8(その他展示編) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/61960245

この記事へのトラックバック一覧です: 15/07/01 (9)鉄道博物館 その7(ヒストリーゾーン<貨物輸送/御料車>):

« 15/07/01 (8)鉄道博物館 その6(ヒストリーゾーン<新幹線>) | トップページ | 15/07/01 (10)鉄道博物館 その8(その他展示編) »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ