« 15/10/06 (14)歩いて見よう柳都新潟・その4【万代シティ】 | トップページ | 15/10/07 (2)信越本線(新潟→長岡) »

2015.11.11

15/10/07 (1)朝の新潟駅にて

 国内旅行としては長めとなる5日間の旅も、とうとう今日が最終日。この日は新潟から延々鈍行列車を乗り継いで新宿へ向かい、さらに新幹線で大阪へ戻るという移動オンリーの日程です。とはいっても列車を乗り継ぐ駅でちょいちょい駅の外へは出られるので、ビューンと駆け抜けてしまう新幹線にはない、沿線の土地の雰囲気をつまみ食いしながらという普通列車ならではの“贅沢”な旅を満喫できそうです。



 朝食はホテルのビュッフェで。最近は食事量が減っているので昔ほどビュッフェ形式は有り難くはないのですが、宿泊者ならばプラス600円なので付けてみました。新潟県の郷土料理など品数もわりかし多く、何といっても米どころの新潟なのでお米はやはりおいしいですね。ここもホテル施設と同様にCPは高かったです。


151007_01_01

151007_01_02


 しばらく部屋でのんびりし、列車の発車30分前に新潟駅へ向かいます。ちょうど通勤・通学ラッシュの時間帯なのですが、同時間帯の仙台駅の雑踏と比べればこちらは二回りくらい落ち着いた印象。BRTの乗車率も拍子抜けするほどの低さでした。


151007_01_03
▲朝の新潟駅万代口改札口


 新潟駅の在来線ホームは高架化工事の真っ只中。国鉄時代のターミナルの雰囲気を色濃く残す駅舎と地上ホームも、まもなく見納めとなります。九州新幹線全通前に新八代駅で実施されていた新在間同一ホーム乗り換えがここ新潟駅でも上越新幹線⇔特急<いなほ>間で恒久的に実施される予定とのことで、駅の南北の一体化などと共に新しく生まれ変わる新潟駅にはなかなか期待が持てそうです。


151007_01_06

151007_01_04


 1番線にはキハE120系2両+キハ110系3両で5両という、一般型気動車としては長大編成を組む列車が停車中。会津若松5時31分発の普通221Dとして到着し、8時33分発の普通2524Dとして新津へ帰っていくとのことです。221Dが実際に混み始めるのは恐らく五泉あたりからなのでしょうが、磐越西線の非電化区間にも(SL以外で)5両編成が走るんだなぁと感心。


151007_01_05


 こちらは3番線で発車を待つ快速<べにばな>。白新線・羽越本線・米坂線経由で山形県の米沢へ向かいます。昨日乗ってきた快速<あがの>と同様に、かつて仙台~新潟間を結んでいた急行列車を前身とする列車なのですが、通過運転区間は新潟~坂町のみで米坂線内は2時間ものあいだ延々各駅停車というなんちゃって快速です。新潟~山形間を米坂線経由で移動しようとすると今泉-米沢-赤湯間をU字形に大回りしなければならず、しかも米沢-山形間は標準軌のために直通列車は設定できないので、都市間列車としては中途半端にならざるを得ないのでしょうね。


151007_01_07

151007_01_08


 8時35分、越後線の巻始発の長岡行き普通列車が入線してきました。越後線内からの通勤・通学客をどっさり降ろし、入れ替わりにパラパラ…といった具合の乗客を迎え入れます。長岡までは1時間15分掛かるので、朝食でたっぷり水分を取ったこともありトイレのある車両をキープしておきました。新潟駅の地上ホームと新潟色の115系、どちらも終焉が近いだけに今回の訪問で見るのが最初で最後でしょうか。


151007_01_09

151007_01_10


 次回は新潟→長岡編です。

(2015.10.07)


« 15/10/06 (14)歩いて見よう柳都新潟・その4【万代シティ】 | トップページ | 15/10/07 (2)信越本線(新潟→長岡) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/62651140

この記事へのトラックバック一覧です: 15/10/07 (1)朝の新潟駅にて:

« 15/10/06 (14)歩いて見よう柳都新潟・その4【万代シティ】 | トップページ | 15/10/07 (2)信越本線(新潟→長岡) »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ