« 16/02/19 (3)千の波濤を踏み越えて~石垣島→西表島 高速船~ | トップページ | 16/02/19 (5)西表島ノースバウンド(後編) »

2016.02.27

16/02/19 (4)西表島ノースバウンド(前編)

 明日乗船予定の仲間川マングローブクルーズの出航時刻を確かめたのち、大原港から徒歩1分の「オリックスレンタカー 西表島大原店」へ車を引き取りにいきます。島内には一応路線バスも走っていますが一日4往復と実用的ではないので、個人旅行の場合はツアーバスやホテルの送迎バスを利用するのでなければ、レンタカーはほぼ必須といっても良いです。ちなみにタクシーは島内に2台だけしかいないそうで……。



 お店では朗らかなお兄ちゃんがお出迎え。オフシーズンで他に客がいないということもあってか、事務的な貸し出し手続きを超えてツーリストインフォメーションばりに詳しい観光案内までして頂きました。

 借りた車はホンダのN-BOX。軽自動車ですね。最初はコンパクトカーにするつもりだったのですが、結構値段に差がありまして。まぁ、島内には山道も高速道路もありませんので、軽で過不足はありません。ただ、4人ではちょっとキツイかも(荷物スペースが狭いので)。西表島は石垣島に比べてレンタカー会社が少なく、競争が激しい石垣島よりも相場は高め。それでも一泊二日で5,600円(楽天トラベル経由/免責補償料込み)で借りることができました。ちなみに軽を運転するのは今回が初めてだったり。連れは二人とも車は運転できないので、後日の石垣島ドライブも含めて私が全区間ハンドルを握ります。


160219_04_01
▲旅の相棒その1


 それでは出発。島内に1箇所しかない信号機つきの交差点を左折し(日本最南端の交通信号機なのだとか)、これまた西表島唯一の幹線道路である沖縄県道215号白浜南風見線へ入ります。なにせ島内を結ぶ道路はこの県道一本しかないので、道のどこかが通行止めになって上原港発着の定期船も欠航となれば、西表島に滞在している人間のほぼ全員が自動的に島内への缶詰め決定です。

 仲間川の橋を渡って大原の集落を抜けると、さっそく車窓には西表島の無垢の大自然が広がります。西表島は石垣島よりも面積が大きい島なのですが(沖縄本島に次いで沖縄県内第2位)、島の9割が原生林に覆われており可住地域は極めて限られるため、その大きさとは裏腹に人口は約2,300人と少ないです。

 しばらく行くと川沿いにマングローブが群生している様子が目に入ったので、車を停めて見学してみることに。私にとっては香港の大澳で見たとき以来ですね。改めて亜熱帯へやって来たなぁー、と実感が湧いてきました(小並感?)。


160219_04_08

160219_04_03

160219_04_04

160219_04_05

160219_04_06

160219_04_07

160219_04_02


 明日訪れる予定の由布島のそばを通過してすぐの所に、石垣島・小浜島・黒島を望むことができる展望台があります。なかでも小浜島は直線距離で3キロ足らずの場所にあるため、ここからでも島内の様子がよく分かります。とはいえ実際に移動しようとすると一日一往復しかない大原港-小浜島直行便以外は一旦石垣島を経由しなければならないため、近いけれども遠い島だったりします。


160219_04_09
▲小浜島

160219_04_10
▲石垣島方面

160219_04_11
▲黒島方面。縮小写真ではわかりませんがハッキリと島影が確認できます


 ここから20分ちょっとは放牧されている牛を時たま横目に眺めつつ、坦々と進みます。概ね海岸沿いをずっと行く県道なのですが、海と山がせめぎあう地形で意外と起伏が激しいためにトルクを上げたりエンジンブレーキを使用する機会も多く、DレンジとLレンジを頻繁に切り替えながら走っていきます。道の整備状況はきわめて良好で、今回走った範囲では全区間で片側一車線が確保されているほか、広々とした歩道がついている区間も多数でした(人口希薄な島なので、歩いている人は誰もいませんが…)。

 ただ、走りやすい道だからといってあまり飛ばしすぎるのはこの島では厳禁。道路を横断するイリオモテヤマネコのロードキル(自動車で轢いて殺してしまう事故のこと)が毎年数件発生しているからです。横断中の事故だけでなく、この島に多数生息する小動物が同じように車に轢かれて、その死骸をイリオモテヤマネコが夢中になって貪り食っている最中に車の接近に気づかずに轢かれてしまうという二次被害のケースが占める割合も多いとのこと。ま、特別天然記念物だからというそれ以前に、いたいけな野生動物を轢き殺してしまった日には寝覚めもよろしくないでしょうから、道路上に動物がいればすぐに対処できるようなスピードを常にキープしておくことにしましょう。ちなみに島内の制限速度は40km/hです(集落内は30km/h)。

 この先の区間については後編にて。

(2016.02.26)


« 16/02/19 (3)千の波濤を踏み越えて~石垣島→西表島 高速船~ | トップページ | 16/02/19 (5)西表島ノースバウンド(後編) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/63265717

この記事へのトラックバック一覧です: 16/02/19 (4)西表島ノースバウンド(前編):

« 16/02/19 (3)千の波濤を踏み越えて~石垣島→西表島 高速船~ | トップページ | 16/02/19 (5)西表島ノースバウンド(後編) »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ