« 16/09/05 (6)モエレ沼公園 その3 | トップページ | 16/09/05 (8)たのしいハ・シ・ゴ(1日目編) »

2016.09.19

16/09/05 (7)遠足すんで、日が暮れて…

 ふたたびモエレ沼を渡り、モエレ沼公園に別れを告げることに。渡った後の場所にある第一駐車場には、春から秋にかけての土日祝日と学休期間中のみ札幌都心方面からの路線バスが発着する特設バス停が設けられています。冬の積雪時には西口からの出入りが不可能になるため、この東口が公園の表玄関としての位置づけとなります。

 また、ここにはレンタサイクルのステーションも。今回は西口から東口への一筆書きルートだったので自転車の利用は出来なかったのですが、今回ご紹介した各施設を周るだけならば徒歩でも苦にはなりませんでした。皆様におかれましては持ち時間および体力と相談した上で、利用するかどうかを決められるのがよろしいかと。



 西口の方のバス停は公園入り口から近いのですが、東口の場合は少々歩くことになります。


160905_07_01


 東口手前の交差点と……


160905_07_02


 モエレ沼公園東口バス停。寒冷地らしく、しっかりとした造りの待合所が設けられていました。


160905_07_03


 バスの待ち時間中に母へメールを送ってみるものの、返事はなし。ははーん、これは間違いなく作業疲れのために、母娘揃ってホテルのベッドでくたばっているな。


 16時54分発の[東69系統]環状通東駅行きのバスは、少しだけ遅れて到着しました。


160905_07_04


 西口発着の路線とは異なり、モエレ沼公園東口を出発するとすぐに市街地の間へと分け入って行き、以降終点まで田園風景を目にすることは一切ありませんでした。東口発着の路線のほうが若干本数が多いのですが、これがつまり沿線の発展度の差、ということのようですね。

 距離が長いぶん往路よりも余計に時間は掛かりましたが、30分弱で環状通東駅到着。往路は急いでいて撮影できなかったバスターミナルの様子をカメラに収めておきます。こちらも寒冷地らしく、待合室と乗り場が壁で仕切られていました。


160905_07_05

160905_07_06

160905_07_07


 バス→地下鉄の乗り継ぎの場合、まずバス運賃の210円を下車時に支払ったのち、地下鉄乗車時に80円の割引を受けるという形になります。私はICOCA利用なのですが、地元のKitakaとSAPICAのほか、道外の互換利用が可能なICカードについても乗り継ぎ割引が自動適用されます。大阪市交通局でも同様に他地域のICカードについても乗り継ぎ割引が適用されますし、ICカードのシステム上、何かしらの制約があるわけではないはず……と、新潟交通のポンコツっぷりを蒸し返すようなことを言ってみたり。

 帰りもやはり東豊線と南北線を乗り継ぐことになりますが、往路はさっぽろ駅乗り換えだったので今度は大通駅で乗り換えてみることに。結論としては乗り換え経路がやけに複雑で不覚ながら迷ってしまい、慣れていなければさっぽろ駅の方が簡単、ということになりました。札幌の地下鉄3路線がすべて乗り入れる唯一の駅だけに、駅の構造も結構込み入っているようですね。

 大通駅での乗り換えに手間取ったせいもあってか、幌平橋駅に着いたのはモエレ沼公園東口を出発して約1時間後。時刻はちょうど日没時刻である午後6時です。半年前に訪れた石垣島とは逆に、東経135度から遥か東に位置する北海道では日暮れが早いですね。地下鉄乗車中に起き出してきた母から部屋番号を送ってもらったので、今夜の部屋へ直接向かうことに(カードキーをエレベーターの操作パネルに読ませるタイプでなくてよかったです)。


 こちら↓がその『ホテルマイステイズ札幌中島公園』の外観。今日から3泊、そして後日の道東ドライブから帰ってきた日の晩と、合計4泊する予定です。今年4月までは『KITA HOTEL』という名前で営業していたのですが、5ヶ月前より現在のブランドに転換したとのことです。


160905_07_08


 建物は著名な建築家である黒川雅之氏による設計。故・黒川紀章氏の弟さんですね。兄弟揃って私の中学・高校の大先輩なので、何となく親しみが湧く感じです。その一方でデザイナーズホテル然とした建物といい、旧称であるKITA HOTELという名前といい(元ネタは絶対パリのサン・マルタン運河の畔に立つアレですよね…?)、どことなくスカした感じもするのですが、実際のところは都心部からは少し離れた立地の分だけリーズナブルに泊まれる、コストパフォーマンスに優れたホテルとなっています。難点は徒歩圏内に飲食店がほとんど無いことでしょうか。コンビニも幌平橋駅前にはないので、駅とは逆の北方向にあるセイコーマートが最寄りとなります。というわけで買い物は地下鉄に乗る前がオススメ。


 ロビーの風景。さすがに高級感がありますね。外国からの観光客も多数宿泊している様子でした。


160905_07_15

160905_07_16

160905_07_17


 地下一階の朝食会場を見下ろして。


160905_07_18


 こちらが今日から2泊する「デラックスファミリー」ルーム。正規のベッドが3台ある、広さ42平方mの部屋となります。これで素泊まりながら1人1泊5000円というのはお値打ちです。


160905_07_09

160905_07_10


 7階の窓からは中島公園全体を見渡すことができます。


160905_07_11


 トイレ・洗面所・バスルーム。バスには洗い場があるので、3人でもユニットバスのように毎回お湯を捨てる必要がなく、便利です。


160905_07_12

160905_07_13

160905_07_14


 ベッドサイドのコントロールパネル。今時のホテルらしく、充電器なしで直接スマホ・タブレット等を充電できるUSB端子がついています。


160905_07_19


 今日の出来事はもう一回続きます。

(2016.09.05)


« 16/09/05 (6)モエレ沼公園 その3 | トップページ | 16/09/05 (8)たのしいハ・シ・ゴ(1日目編) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/64224118

この記事へのトラックバック一覧です: 16/09/05 (7)遠足すんで、日が暮れて…:

« 16/09/05 (6)モエレ沼公園 その3 | トップページ | 16/09/05 (8)たのしいハ・シ・ゴ(1日目編) »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ