« 16/09/06 (2)○(まる)い市電に、初乗車 | トップページ | 16/09/06 (4)絃歌の巷、思索の径~大通公園から狸小路商店街へ~ »

2016.09.23

16/09/06 (3)法の番人→白虎の番人~札幌市資料館にて~

 市電新線区間の初乗りを済ませて中央区役所前電停に降り立つと、外はポツポツ雨。ほどなく雨脚は強くなり、折り畳み傘を広げての散策となりました。



 2ブロック北へ進むと大通公園。札幌市は日本第5の大都市ということで海外の5都市と姉妹提携を結んでおり、下の写真は中国・瀋陽市との友好都市提携を記念した獅子の像です。一対になっているのは日本の狛犬や沖縄のシーサーと同じですが、こちらの像は二体どちらも「阿」のポーズとなっていました。


160906_03_01


 こちらは大通公園西端にあるバラ園の様子。札幌市初の姉妹都市であるアメリカ・ポートランド市が「The City of Roses」の愛称をもつことにちなんでいます。


160906_03_02

160906_03_03

160906_03_04


 そのバラ園越しに、きょう最初の目的地である「札幌市資料館」を望んで。


160906_03_05


 建物は1926(大正15)年に札幌控訴院、現在の札幌高等裁判所にあたる庁舎として建てられ、裁判所が現在の2代目庁舎へ移転したのちの1973(昭和48)年より資料館として使用されています。いまでは貴重となった「札幌軟石」と呼ばれる石材で造られた建築であることから、1997年には道内初の登録有形文化財に指定されました。


160906_03_06

160906_03_07


 建物のポーチ部分には、裁判の公正さの象徴である目隠しした女神と天秤のレリーフがあります。


160906_03_08


 館内へ。今年2016年は建物の創建から90周年を迎える年ということで、資料館にまつわるクイズに全問正解すると記念品がもらえるというイベントが開催されており、ぜひご参加くださいということでスタッフの方に解答用紙を渡されました。学校のテストと違ってカンニングし放題なので、館内の説明板を使って1分もかからず解答終了。ボールペンとシャープペンのセットをいただいたのでした。スタッフさん曰く、「最近はこんな粗品でもなかなかもらえる機会が少なくなりましたからねぇ~」。ええ、おっしゃる通りで。


160906_03_09


 こちらの資料館の目玉展示となっているのが、控訴院時代の法廷を再現した「刑事法廷展示室」。この日はイベントの準備のために通常とは一部室内の配置が変わっていたとのことですが、私は雰囲気さえ体験できればよいので無問題です。


160906_03_10


 私が入室したときにはボランティアガイドの方が他の見学者への説明に当たっていたのですが、すぐにその見学者は退室。もしかして…… あ、やっぱり…… 来るぞ、来るぞ、来るぞォォォ!!

 というわけで、いつものようにボランティアガイドの方に捕まってしまいました。私ぐらいの“プロ”になると、ガイドさんの姿がことごとくホーミングミサイルに見えてくるという。とはいえ私が逆の立場ならば、「真面目に話を聞いてくれそうで」「説明を理解できるだけの知性がある」と確信した人にしか声を掛けないでしょうから、まだまだ20代にみられることも多い私が全国どこへ行っても100%の確率でロック・オンされるというのは、これはこれで誉なことなのでしょう。多分。

 今回は刑事法廷展示室内の説明だけなので、数分でガイドは終了。説明中、室内の照明を普段使っている蛍光灯から当時の照明を再現したシャンデリアと電球に切り替えるという実演を行っていただきました。切り替えた直後はさすがに暗く感じたのですが、すぐに目が慣れてきて(あ、これで全然十分だな)と思ったり。ちなみに上の写真からは同じF値でシャッタースピードが1/25から1/15へと下がっています。


160906_03_11


 ちなみに…… 判事席から見た視点はこんな感じです。希望すれば衣装を貸し出してもらえるので、明治時代の判事になったような気分が味わえるそうですよ。


160906_03_12


 引き続き館内を散策。建物そのものの文化的価値もさることながら、札幌市の歴史・文化についての資料が豊富に展示されています。生粋の札幌っ子にとっては懐かしのお宝写真も沢山。私も一応元・札幌市民ではありますが……。正直、東名阪なんかよりもこちらで半生を過ごしてみたかったものです。「隣の芝生は青い」の典型例だと自覚しつつも。


160906_03_13

160906_03_14

160906_03_15

160906_03_16


 2階の窓から大通公園を眺めて。


160906_03_17


 雨宿りがてら館内で40分ほど過ごしていましたが、雨脚が弱まる気配もなさそうなので傘を広げて再出発。建物前には今や日本の都市でも続々とサービスが始まっている、スポット方式のレンタサイクルシステムのステーションがありました。外国の良いモノはどんどん真似をしましょう。


160906_03_18


 次回は狸小路商店街へ。

(2016.09.06)


« 16/09/06 (2)○(まる)い市電に、初乗車 | トップページ | 16/09/06 (4)絃歌の巷、思索の径~大通公園から狸小路商店街へ~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/64243932

この記事へのトラックバック一覧です: 16/09/06 (3)法の番人→白虎の番人~札幌市資料館にて~:

« 16/09/06 (2)○(まる)い市電に、初乗車 | トップページ | 16/09/06 (4)絃歌の巷、思索の径~大通公園から狸小路商店街へ~ »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ