« 16/09/07 (7)留萌本線Part3【復路/増毛→深川】 | トップページ | 神鉄トレインフェスティバル2016・その1【鈴蘭台車両基地編】 »

2016.10.06

16/09/07 (8)Room! Sweet Room!

L特急スーパーカムイ36号 深川(17:19) → 札幌(18:25)


 深川駅での乗り換えは3分接続なので、待つ間もなく電車が到着。行きは785系に乗車したので、帰りは789系1000番台に乗ってみたかったのですが、入ってきた電車は――



 夕暮れ時でシャッタースピードが下がってしまいましたが、789系が“当選”です。0番台の<スーパー白鳥>には乗車したことがあるのですが、1000番台の方は初めて。785系と同じステンレス車ではありますが側面のビード加工はされておらず、ツルンとした外観が特徴となっています。そういえばJR四国の予讃線で走り始めた8600系特急型電車を見た時に、この形式と酷似しているなと思ったものでした。


160907_08_01


 往路と同様に進行方向左側の窓側席に着席。この先、岩見沢までの停車駅ごとに乗客を増やしていきますが、最終区間で7割を超えるかどうかという余裕のある乗り具合でした。

 自由席車の車内の様子。比較のために785系の車内写真を再掲しました(上:789系1000番台/下:785系)。大きな違いはカーテンが785系の横引き式からロールアップ式に変更されていることでしょうか。車窓を楽しみたい人にとっては視界を保ったまま直射日光を遮ることができるので、こちらの方が好都合です。789系1000番台の方が新しい形式ではありますが785系もリニューアルされているので、アコモデーションレベルについては同等。私個人としては、全体的な雰囲気は785系の方が好きですね。


160907_08_02

160907_03_09


 今回は指定席車(uシート)の見学もしてみました。私が乗車したことのある785系のuシートとはまた座席のデザインが変わっており、可動式の枕がついているのが特徴。座席部分床面のカーペット敷きも踏襲されており、どちらもグリーン車ほどの豪華さはないものの普通車としては頭一つ抜けているという、なかなかお買い得な席となっています。ちなみにSきっぷ利用の場合も、指定席料金520円(年間を通じて一律)の追加で利用可能。


160907_08_03

160907_08_04


 列車は南北に長い空知地方を縦断すべく疾走。最高速度は120km/hに落ちてしまったものの、札幌~深川間106.6kmを1時間06分で駆け抜けるので表定速度は96.9km/hと、依然として日本の在来線特急ではトップクラスのスピードランナーであることには変わりありません。

 道半ばで日没を迎え、やがて車内のLED案内装置には「札幌まであと30km」の表示が。30kmといえばまだ東京~横浜や大阪~神戸くらいの距離があるのですが、北海道のスケール感だともうすぐそこ、という感覚になってしまいます。


160907_08_05


 18時25分、札幌着。改札口近くのコンビニで晩酌用のカクテルと風呂上がりに飲むお茶を購入しつつ、地下鉄南北線へ乗り換え。母の待つホテルの部屋へと帰還します。今晩の部屋は昨日までのそれと同じフロア、しかも2つ隣の場所にありました。

 こちらがその「ハリウッドツイン」ルーム。ハリウッドツインって意味、分かります? 2台のシングルベッドが設置されているのは通常のツインルームと同じなのですが、ハリウッドツインの場合はこれらのベッドがほぼ密着する形で配置されているのです。カポーや夫婦ならばこれでいいのですが、我々は…ねぇ。ともあれツインの枠ではこの部屋しか空いていなかったので、一晩だけ我慢しましょう。


160907_08_06

160907_08_07

160907_08_08


 ベッドが密着しているというのは予約の時点で承知の上でしたが、窓の外が隣に建つマンションの壁だったり、バスルームのリニューアル具合が今回の旅で宿泊した当ホテルの他の2種の部屋と比較すると中途半端だったり、これでいて昨日までのデラックスファミリールームよりも一人当たりの値段は却って高かったりと、その他の点でも不満の残る結果となってしまいました。ま、後日宿泊する釧路のビジホに比べれば全然マシなのですが。


160907_08_09

160907_08_10


 もう午後7時なので、入浴は後回しにしてさっそく夕食です。今宵のディナーは母に頼んで、デパ地下で買い込んだ惣菜での中食パーティということにしたのでした。冬の石垣島旅行ではあまりの選択肢の乏しさに轟沈してしまったのですが、今回はなんといっても日本が誇る食の都・札幌、しかも天下の大丸のデパ地下ということで、クオリティは粒揃い。どれを食べても旨すぎて涙が出そうです。このホテルではランドリー&自販機コーナーに電子レンジが設置されていたので、温かいものは温めて食べられるのが嬉しかったですね。


160907_08_11


 そして食後のデザートまで用意してくださっていました。ありがたやありがたや。ちなみに母は母で札幌駅界隈のデパートでショッピングをしたり、ふたたび廻らない寿司屋での豪華なランチを堪能したりと、きょうも一日エンジョイしていたようです。刃物男に刺されなくてよかったね!(爆)


160907_08_12


 というわけで3日目終了。念願の鉄分補給も叶いましたし、今日もまたパーフェクトでありました。明日からはレンタカーを使ってのドライブ旅行。道東の悠久の大自然が待っています。

今日の歩数カウント:16,961歩

(2016.09.07)

次のページへ:16/09/08 (1)まずは十勝へ(前編)


« 16/09/07 (7)留萌本線Part3【復路/増毛→深川】 | トップページ | 神鉄トレインフェスティバル2016・その1【鈴蘭台車両基地編】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/64306698

この記事へのトラックバック一覧です: 16/09/07 (8)Room! Sweet Room!:

« 16/09/07 (7)留萌本線Part3【復路/増毛→深川】 | トップページ | 神鉄トレインフェスティバル2016・その1【鈴蘭台車両基地編】 »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ