« 16/09/09 (4)博物館 網走監獄にて | トップページ | 16/09/10 (1)ホテル網走湖荘 その2 »

2016.10.23

16/09/09 (5)ホテル網走湖荘 その1

 5泊目の宿泊先となる『ホテル網走湖荘』に到着。仲居さんが恭しく部屋まで案内してくれる、昔ながらの大型観光ホテルです。ここまでコテコテの温泉ホテルに泊まるというのは、恐らく十数年ぶりくらいのことではないでしょうか。チェックイン開始時刻の午後3時までまだ半時間ほどありましたが、部屋の準備が出来ているとのことでそのまま通してもらえることになりました。


160909_05_01

160909_05_02
▲ホテル外観(上)とロビー(下)



 このホテルの客室は全体的に大きめなのだそうですが、今回予約したプランは若干訳ありで、2食つき一人11,340円(税サ込)と比較的お手頃ながらも、網走湖のレイクビューかつ50平米という広々とした部屋が用意されています(Wi-Fiも使用可)。和洋室ということでベッドが設置されており、夕食から帰ってくると布団が敷いてある/朝食から帰ってくると布団が上げられている…という、子供の頃から不思議で仕方がなかった和風旅館マジックはここでは見られなかったのでした。外国人旅行者からすると、あれこそがアメイジング・ジャパンの一端だと思うのですが。


160909_05_03

160909_05_04

160909_05_05

160909_05_06

160909_05_07

160909_05_08


 部屋からの眺望。翌朝撮影した写真の方が景色がクリアに写っているので、とりあえず今日の分を一枚だけ貼っておきます。仲居さんが出て行った直後に、湖岸を辿る石北本線の線路を北海道色のキハ40形がコトコトと通り過ぎていきました。


160909_05_09


 網走湖のすぐそばに建つホテルということで、湖の水位が極端に増した時には敷地の一部へ浸水することもあるそうなのですが、この日も大雨のために通常の水位を大きく上回っていたらしく、岸に沿って土嚢が積まれていたのでした。部屋からの視界の範囲ではまだ浸水には至っていないようでしたが、実は…。

 部屋で少し休憩を取ったら、さっそく1回目の大浴場「火口原」へ。何といっても大好きな露天風呂がありますのでね。えらく人生経験が豊富な漁師さん(今日はこの天気のために休漁だったのだとか)に話しかけられて雑談をしながら露天風呂に浸かったり、大浴場を出たならば一秒の誤差もないタイミングで女湯から出てきた母と鉢合わせしたりと、単に風呂へ入るというだけの話ですら決して一行だけでは終わらせてくれませんw。

 今回は長旅ということで2回コインランドリーを利用し、きょうは札幌(2泊目)に続いての二度目。増築を重ねた大型ホテルの常で館内は迷路のように通路が入り組んでおり、このホテルのランドリーコーナーも別館の別の階にあります。洗濯物の洗濯機への投入は私が行ったので、次の洗濯機から乾燥機への移動は母がやると志願しているのですが…。すすきので地下鉄の駅を発見できなかった人が果たして無事に辿り着けるかなぁ?とおちょくりつつ送り出したところ、やけに時間が掛かったと思えば本当に道に迷ってしまったと半ベソをかきながら戻ってきたのでした。ああよしよし、無理をさせて済まなかったねぇ。……何だこの変な罪悪感は(苦笑)。

 そんなこんなで、チェックインからあっという間に4時間経過。午後6時半にレストランへお食事に向かいます。なぜ上で若干訳ありと書いたかというと、全5種類ある夕食メニューのうちプランに付いているのは一番下のランクと、部屋のランクとは少し釣り合いが取れていないという理由からです。とはいえ今回は旅行期間が長いため、短い泊数での一点豪華主義ならばともかくあまり毎日ご馳走続きというのも胃袋に負担が掛かりそうなので、今日のような家庭料理に近い味わいのメニューは却って有難く感じたくらいなのでありました。


【先付け】
鱈エスカベッシュ 彩野菜
カリカリソース
【珍味】
梅の実わかめ
【旬菜】
オレンジ砧巻き 帆立時雨煮
金胡麻秋刀魚 妻の華
【刺身】
帆立 サーモン 南蛮海老
妻一式
【台皿】
ズワイ蟹半身
【煮物】
鮭親子蒸し 焼き茄子 季節の麩
【小椀】
海老天蕎麦 葱
【蒸し物】
茶碗蒸し
【御飯物】
蜆釜飯
【香の物】
二点
【椀物】
鉄砲汁
【水菓子】
季節のフルーツ

160909_05_10


【鍋物】
メヌキ鍋生姜仕立て ※家で作る鍋物とまったく同じ味でした。

160909_05_11


【中華】
油淋鶏 芽葱 カリカリソース

160909_05_12


 当然ながらみすぼらしいなんてことは決してなく、充分満足のいく夕食でした。

 その後、大型観光ホテルらしい土産物コーナーをうろついていると、今年初めに全国販売を終了した明治の「サイコロキャラメル」が北海道限定で売られているのを発見し、2パック確保。部屋に帰って早速一口食べてみましたが、昔に比べるとあっさりとした大人向けの風味になっているような気がしました。小学生の頃に亡き祖父がよくお土産に買ってきてくれて、噛んでいるうちに銀歯が取れて大騒ぎになったことがあるというのも良い?思い出です。Wikipediaには「水曜どうでしょう」のサイコロの旅の小道具として使用されたことへの言及がありましたが、それが北海道で販売が継続されることになったのと関連しているのかどうか。

 ふたたび露天風呂に浸かったあとは、早めにベッドへ入って就寝。観光時間が少なかったぶん短めの内容となった5日目ですが、明日あさっては長めのドライブが控えているために、中休みとしては丁度いいスケジュールだったのでした。

今日の歩数カウント:5,404歩

(2016.09.09)


« 16/09/09 (4)博物館 網走監獄にて | トップページ | 16/09/10 (1)ホテル網走湖荘 その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/64380020

この記事へのトラックバック一覧です: 16/09/09 (5)ホテル網走湖荘 その1:

« 16/09/09 (4)博物館 網走監獄にて | トップページ | 16/09/10 (1)ホテル網走湖荘 その2 »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ