« 16/09/09 (5)ホテル網走湖荘 その1 | トップページ | 16/09/10 (2)まもなく終宴、ワイルドフラワー~小清水原生花園にて~ »

2016.10.24

16/09/10 (1)ホテル網走湖荘 その2

 6日目。この日は起き抜けにつけたテレビから流れてきたバッドニュースで幕を開けました。



 今日のドライブは網走を出て小清水原生花園経由で知床半島へ、知床五湖を見学したあとは知床峠を越えて羅臼へ抜け、標津・中標津を経由して本日の宿泊地である釧路へ向かう、というコースを考えていたのですが。おとといの夕方から降り続いていた雨は局所的に猛烈な勢いとなったらしく、TVのローカルニュースによると昨日の夜、羅臼町内の国道335号線で土砂崩れが発生。ちょうど通りかかっていた車が巻き込まれて海へ転落し、運転手が死亡するという事故があった模様です。少なくとも日の高いうちに通行止めが解除される見込みはないでしょうし、羅臼と標津を結ぶ道路はこの国道一本しかないので、知床五湖以遠のコースは止むを得ず変更することになってしまいました。ひとまず知床半島西岸は単純往復するしかないわけで、重複するようなルートは極力避けたかったものの、こればかりは致し方ありません。

 尤も、バッドニュースがあればグッドニュースもあります。先月末から通行止めが続いていた道央~道東間の国道各線ですが、そのうちの一本である国道38号線の狩勝峠区間で路盤が崩壊していた部分の応急処置が完了し、明日の午前9時から通行を再開するとのこと。十勝~富良野間は道東道の占冠ICから国道237号線を経由するというルートが生きていたので今日ほどの大きな変更ではないのですが、狩勝峠越えは是非とも体験してみたかったので喜ばしいですね。それにしても、良きにつけ悪しきにつけこんなタイムリーな出来事が2ついっぺんに起こるとは……ねぇ。結局、4日間のドライブで当初の予定通りに進んだのは初日だけ、ということになってしまいました。「何がおこるかわからないから旅なんだ!」

 というわけで、この日も午前5時という早朝から活動開始。長らく降り続いていた雨はようやく上がり、窓の外には朝の湖畔の森閑とした風景が広がっています。


160910_01_01

160910_01_02

160910_01_03


 朝風呂に浸かりに大浴場へ行ったあとは、火照った体を冷ますべくホテルの周辺を散策。下の写真はホテルのすぐ横を走る石北本線の線路です。ローカル列車は運行されているのですが、特急<オホーツク>については北見峠越え区間の路盤流出と盛土崩壊のためにこの日も運休が続いていました。ただ、帯広・釧路方面ほどの深刻な被害ではなかったために復旧作業は順調に進み、その後10月1日より通常ダイヤでの運行を再開しています。


160910_01_06

160910_01_04

160910_01_05


 踏切を渡った先には、こんな旧国鉄保養所を転用した鉄道ファン向けの宿泊施設がありました。すぐ横に建つ温泉旅館の別館という扱いのようです。どうでもいい話ですが、鉄ちゃん・鉄子ってそんなにポピュラーな呼び方なんでしょうかね。例えば「テツ」とか、細分化したジャンルを区別するための「○○鉄」という言葉はファンの間でも普通に使われますが、鉄ちゃん・鉄子についてはせいぜいマスコミやネットメディアくらいでしか見聞きすることはありません(そもそも何故男女で呼称を変える必要があるのか)。これも「貴婦人」や「団子っ鼻」と同系統の、マスメディアがドヤ顔で広めようとして見事に滑った非実在ニックネームのひとつということなのでしょう。


160910_01_07

160910_01_08

160910_01_09


 湖岸の方へも行ってみます。先に触れたとおり、岸には大雨による水位上昇に備えて土嚢が並べてありました。


160910_01_10


 このホテルの大浴場は外来入浴も受け付けており、湖岸側に利用者用の駐車場が宿泊者用のそれとは別に設けられています。網走湖沿いにキャンプ場が点在するため、そちらの利用者の需要もあるのでしょう。仲居さんの話によると以前の大雨の際にこの外来入浴用の駐車場が水没しそうになり、慌てて車を避難してもらったのだとか。


160910_01_11


 だいぶ奥のほうまで歩いてきましたが、ここまで来ると……


160910_01_12


 ややっ、結構内側の方まで浸水しているではありませんか。実際、ホテルの敷地を一周して正面玄関へ戻ってくるつもりが、この先は水浸しのために進めなかったので。


160910_01_13


 外来入浴用の入口から館内へ戻ります。これも大型観光ホテルらしく、一角にはゲームコーナーが。30代以上のオッサンが胸を熱くするレトロなアーケードゲーム機が居並ぶ中で、プライズゲームに貼られた妖怪ウォッチのイラストが逆に異質な雰囲気を漂わせていました。ちなみに昨日、母は道に迷ってこのゲームコーナまでやって来たのだとか。ここは1F、そしてランドリーコーナーは4Fなのですが…。


160910_01_14


 童心に返って広い館内をプチ探検したのち(ホテルのひと気のないエリアというのは大人になっても怖いですね)、7時からはじまる朝食へ。バイキング形式ですが海鮮モノを中心になかなか質の高い料理が並んでおり、ここは流石に老舗ホテルの底力です。


160910_01_15

160910_01_16


 おいしい朝食を堪能し、快適だった部屋に別れを告げて8時前にチェックアウト。3日目のドライブの開始です。

(2016.09.10)


« 16/09/09 (5)ホテル網走湖荘 その1 | トップページ | 16/09/10 (2)まもなく終宴、ワイルドフラワー~小清水原生花園にて~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/64383314

この記事へのトラックバック一覧です: 16/09/10 (1)ホテル網走湖荘 その2:

« 16/09/09 (5)ホテル網走湖荘 その1 | トップページ | 16/09/10 (2)まもなく終宴、ワイルドフラワー~小清水原生花園にて~ »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ