« 16/09/10 (6)超・霧の摩周湖にて | トップページ | 16/09/10 (8)抜け殻の街で~釧路駅から幣舞橋へ~ »

2016.11.02

16/09/10 (7)釧路市内へ

 弟子屈から釧路市中心部へ。ここからは国道391号線で釧網本線に沿って標茶町中心部を経由するルートと、少し西側を走る道道53号釧路鶴居弟子屈線で鶴居村を経由するルートの二手に分かれます。距離はほぼ同じなのでどちらでもよかったのですが、カーナビが指示したのは後者のルートだったため、特に異議を唱えることなくそのまま進むことにしました。



 時刻はそろそろ午後3時。旅行初日を除いてはずっと悪天候基調の日々が続きましたが、ようやく本格的に晴天が戻ってきました。天気予報によると明日あさっては晴れとのことなので、この先は初秋の北海道らしい爽やかな風景が楽しめそうです。


160910_07_01


 今回通った道道53号線沿いは鉄道路線から外れた場所ということもあって土地勘はまったくのゼロだったのですが、なだらかな丘陵に延々と牧草地が広がるという、どこかヨーロッパの田園風景を思わせる秀逸なドライブコースだったのでした。下2枚の写真は途中の牧場で車を停めて撮影したものですが、ざっくりと印象を述べるのならば、Windows XPで標準の壁紙として使われている「草原」のような風景が行けども行けども続いている……という感じでしょうか。


160910_07_02

160910_07_03


 30分ほど走ると鶴居村の中心部へ。Aコープがあったのでここで瓶入りの濃厚な牛乳を探してみたのですが、残念ながら見つからず。その代わりに富良野市山部産の赤肉メロンがカットされて売っていたため、購入して車の中でかぶりつきます。ウム、余は満足じゃ。


160910_07_04


 さらに走ること15分。釧路湿原の西縁を南下する道道の途中に「温根内(おんねない)ビジターセンター」というスポットがあるので、少しだけ覗いていくことにします。


160910_07_05

160910_07_06


 ここは駐車料金・入場料ともに無料。ビジターセンターを起点にして釧路湿原の中を徒歩で探勝できる木道が整備されています。今回の訪問時にはビジターセンターは建て替えのために仮設のプレハブで営業していました。


160910_07_07


 探勝ルートは小回り・中回り・外回りの3コースがありますが、時間的に小回り一択。しかも旧鶴居軌道敷跡の区間は工事中で通行止めとなっていたので、同じ道を往復して帰ってくることになってしまいました。外回りコースまで行けば釧路湿原らしい原野の風景が見られるそうなのですが、今回歩いた限りではずっと林の中だったので、あまり湿原感はありません。母はすぐに飽きて途中で引き返してしまいましたし(笑)。植物好きの人ならば短区間で次々と移り変わる植生の多彩さにきっと興味を惹かれるはずですが。


160910_07_08

160910_07_09

160910_07_10


 というわけで約20分の滞在で再出発。ここから車で5分の『釧路市湿原展望台』からならば期待通りのパノラマが楽しめるので、明日の朝、札幌へ戻る途中で改めて立ち寄る予定です。まぁ、実際には別の場所から眺めることになったのですが……。

 釧路中心部までは残り30分ほど。さすがに今回のドライブコースでは帯広以来となる大きな都市なので、市街地の中を走る区間も長いです。北海道を代表する工業都市でもあるので、どこかゴミゴミとした印象も。

 道案内どおりに右左折を繰り返し、今晩宿泊する釧路駅前のビジネスホテルに到着。トランクルームから荷物を取り出そうとすると、ずっと風雨の中を走り続けたためでしょう、ボディがすっかり埃まみれになっていることに気付きます。スイフトは運転操作に対する追従性の高さが光る、運転していてなかなか気持ちのいいクルマ。軽自動車のイメージが強いスズキですが、コンパクトカーも質の高いものを作れるのだなぁと大いに感心したのでありました。あと一日、どうぞよろしく。

 次回は釧路の街にて。

(2016.09.10)


« 16/09/10 (6)超・霧の摩周湖にて | トップページ | 16/09/10 (8)抜け殻の街で~釧路駅から幣舞橋へ~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/64428337

この記事へのトラックバック一覧です: 16/09/10 (7)釧路市内へ:

« 16/09/10 (6)超・霧の摩周湖にて | トップページ | 16/09/10 (8)抜け殻の街で~釧路駅から幣舞橋へ~ »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ