« 京都鉄道博物館 その4【1F/車両工場・鉄道のあゆみI編】 | トップページ | 京都鉄道博物館 その6【1F/鉄道の施設編】 »

2016.11.30

京都鉄道博物館 その5【1F/鉄道のあゆみII編】

 「鉄道のあゆみ」ゾーンの続きです。



 こちらは蒸気機関車の【1800形1801号機】。1881(明治14)年にイギリスから輸入され、東海道本線の前身となった官設鉄道の京都-大津間(現在とは別の稲荷駅経由のルート)にあった勾配区間に投入されました。


160916_05_01


 後部には当時の客車のレプリカモデル(一部)も。新橋-横浜間開通からまだ10年も経っていないので、鉄道博物館に展示されていた客車とほぼ同仕様です。


160916_05_01b

160916_05_01c

160916_05_01d


 資料展示も充実しており、昭和初期から太平洋戦争を経て戦後~高度経済成長期と、鉄道を通してという切り口で日本の近現代史を概観することができます。


160916_05_02

160916_05_04

160916_05_03


 戦時中↑の鼻息荒い戦意高揚広告と、戦後↓の特急<へいわ>のヘッドマーク。この変り身の早さは日本人のDNAに刻み込まれた伝統芸能でしょうか。<へいわ>のヘッドマークの隣は、連合軍の専用列車「オクタゴニアン号(米国陸軍第8軍司令官用)」に付けられたヘッドマークです。


160916_05_05

160916_05_06


 1961(昭和36)年、西九条-天王寺間が開通して大阪環状線が成立した際の記念品です。


160916_05_07


 昭和30年代の宇高連絡船宇野港の様子のジオラマ。私も宇高連絡船には瀬戸大橋開通直前の末期に乗船したことがありますが、乗り換えの手間は掛かるわ岡山-宇野間の快速列車は混雑するわで、お世辞にも利便性に優れているとは呼べませんでした。というわけで四国と関西の往復には専ら高速船を使っていましたね。


160916_05_08


 そして1987年4月の国鉄分割民営化を迎えます。民営化するにしても上下分離ではなく、輸送量の格差を勘案せずに地域単位でザクッと6つに切ってしまったのは世紀の失策でした。これだから(JR東日本・東海管内以外の)ローカル線の苦境がどうのこうのと言われても白々しく聞こえるんですよね。こうなったのは国民(=有権者)自身の責任なわけですから。


160916_05_09


 そしてゾーンの奥へ。


160916_05_10


 こちらは【100系122-5003】。私は若いので、私は若いので(大事なことなので二度言いました!)、東海道・山陽新幹線の車両といえば0系ではなく100系以降の世代なんですよね。0系なんかは有り余るほど残っていますが、この100系については現存するのは僅かに5両のみ。うち常時一般公開されているのはこの122-5003とリニア・鉄道館に在籍する123-1・168-9001の3両となります。


160916_05_11

160916_05_12

160916_05_12b

160916_05_12c


 大宮の鉄道博物館では情景再現がみどころでしたが、こなた京都鉄道博物館にも昭和中期の駅を再現したコーナーが設けられていました。


160916_05_13


 駅前の駄菓子屋さんの店内。


160916_05_14


 駅舎内の様子です。私が子供の頃にはまだ駅の伝言板が機能していましたっけ。


160916_05_15

160916_05_16


 改札口。その奥のプラットホームには……


160916_05_17


 【キハ81形気動車】の先頭車、「キハ81-3」が停まっています。日本初の特急型気動車の一系列で、電化完成前の紀勢本線にも投入されていました。


160916_05_18

160916_05_19


 次回は1Fラストとなる「鉄道の施設」ゾーンへ。

(2016.09.16)


« 京都鉄道博物館 その4【1F/車両工場・鉄道のあゆみI編】 | トップページ | 京都鉄道博物館 その6【1F/鉄道の施設編】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/64554795

この記事へのトラックバック一覧です: 京都鉄道博物館 その5【1F/鉄道のあゆみII編】:

« 京都鉄道博物館 その4【1F/車両工場・鉄道のあゆみI編】 | トップページ | 京都鉄道博物館 その6【1F/鉄道の施設編】 »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ