« 2016年初秋 北海道の旅 行程表 / 最初のページへ | トップページ | 京都鉄道博物館 その10【2F/運行のしくみII(運転シミュレーター)編】 »

2016.12.06

京都鉄道博物館 その9【2F/生活と鉄道II・運行のしくみI・etc.編】

前のページへ:京都鉄道博物館 その8【2F/鉄道ジオラマ・生活と鉄道I編】


 「生活と鉄道」ゾーンの続きから。こちらは年代物のパタパタ式発車案内板です。見学者が自由に操作できるようになっており、案の定列車名と行先の組み合わせが滅茶苦茶です。


160916_09_01



 プラスチック製のお茶容器。1996年以降小型のペットボトルが普及し始めるまで、長らく汽車旅に欠かせないマストアイテムとしての地位を不動のものにしていました。


160916_09_02


 こちらはさらに昔、昭和30年代以前に主流だった陶器製のお茶容器です。


160916_09_03


 こちらはオハフ33形客車の廃車体からパーツを再利用して組み上げたモックアップ。


160916_09_04


 20系客車の三段寝台の再現です。


160916_09_05


 151系特急型電車の「パーラーカー」に設置されていた1人掛けシート。


160916_09_06


 700系RailStarの4人掛けコンパートメントです。登場当時は画期的な設備だと思ったものですが、残念ながら利用率は振るわなかったようで定着することはなく、事実上の後継車種であるN700系7000/8000番台には踏襲されませんでした。まぁ、これだけの人数が集まったならば新幹線よりもクルマの方が安上がりですしね。


160916_09_06b


 トイレの和式便器やブルートレインの洗面台まで展示されていました。現役の車両でならばカメラを向ける機会はまずないアイテムなわけですが。


160916_09_07

160916_09_08


 その他のコーナーなど。


160916_09_09

160916_09_10

160916_09_11


 こちらは「自動起床装置」。空気によるふくらみによって体が不自然な姿勢に反り返るため、目覚まし時計の音には反応しにくい体質の人でも確実に起きられる仕組みです。絶対に負けられない戦いがあるかどうかは知りませんが、「絶対に寝過ごせない使命」についてはそこに鉄道がある限り決して終わることは無いのです……。


160916_09_12

160916_09_13


 関西の民鉄および、京都の地理と都市交通を取り上げたコーナーもありました。90年代以降はJRの攻勢によってかつてほどの圧倒的な存在感ではなくなりましたが、関西は今も昔も私鉄王国です。


160916_09_14

160916_09_15


 京都鉄道博物館には先述のナシ20形のほか、本館2Fにも食事や喫茶を楽しめるレストランがあります。こちらは本格的な料理のラインナップも充実。私も滞在が長引いたならばここで休憩がてらお茶にしようと考えていたのですが、展示を一通り見るだけで疲れてさっさと家に帰りたかったため、今回は未体験で終わってしまいました。


160916_09_16

160916_09_17


 続いて「運行のしくみ」ゾーンへ。ジオラマと並ぶ鉄道博物館恒例のコーナーがここにもあるのですが、そちらは次回じっくりと取り上げるとしてまずはこちらから。写真や映像ではしばしば見る、新幹線の運転指令所の風景です。下の引いた写真では司令官が任務にあたっているように見えるのですが……?


160916_09_18


 実はトラブルの際に運転指令として的確な指示を与えることができるかどうかのクイズに挑戦しているところなのでした。小さな子供でも遊べるくらいですから、常識のある大人ならば全問正解が当たり前の内容なのでご安心召されよ。


160916_09_19


 こちらは線名に反して奈良県内を1メートルたりとも通らないことでも知られる、JR奈良線のCTC装置です。


160916_09_20


 2Fの端っこには「キッズパーク」というコーナーもあります。学休期以外の平日でも学齢期の子供は普通にたくさん居ますからね。きっと学校の勉強なんかよりも何十倍も意義のある一日であったことでしょう。


160916_09_21


 2F最後は、鉄道ファンすべての憧れであるあの業務の体験コーナーから。

(2016.09.16)


« 2016年初秋 北海道の旅 行程表 / 最初のページへ | トップページ | 京都鉄道博物館 その10【2F/運行のしくみII(運転シミュレーター)編】 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/64576990

この記事へのトラックバック一覧です: 京都鉄道博物館 その9【2F/生活と鉄道II・運行のしくみI・etc.編】:

« 2016年初秋 北海道の旅 行程表 / 最初のページへ | トップページ | 京都鉄道博物館 その10【2F/運行のしくみII(運転シミュレーター)編】 »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ