« 16/11/20 (7)平戸にて・その2【平戸城】 | トップページ | 16/11/20 (9)平戸にて・その4【オランダ塀~平戸オランダ商館】 »

2017.01.30

16/11/20 (8)平戸にて・その3【平戸ザビエル記念教会~松浦史料博物館】

 ふたたび幸橋を渡り、バス通りの山側を並行する商店街へ。田舎町らしく基本的にはシャッター通りな感じですが…。スーパーで済ませられるような日常の買い物ならばともかく、ちょっと入用ならばやはり車で1時間弱の佐世保まで出るのでしょうね。ちなみに「ジャパネットたかた」の創業者である高田明氏は平戸出身で、氏が佐世保で独立したあとも親族の方が経営を続けている写真館がこの商店街にあります。


161120_08_01



 商店街をしばらく北へ進んでまた山側へ折れると、「寺院と教会の見える道」という観光スポットがあります。


161120_08_02


 ここは純日本建築の仏教寺院越しに平戸ザビエル記念教会の尖塔が見えるという、和洋折衷の景観が楽しめるスポットなのですが。平戸城は韓国人の団体に占拠?されていたのですが、ここでは日本人の団体がガイドの説明を受けているところでした。ある意味で日本の果てだけにもっと人が少なく落ち着いた街なのかと何の根拠もなく思っていましたが、案外団体さんの姿が多いものです。いささかリズムを狂わされてしまい、件の景観を一枚カメラに収めてさっさと退散したのですが、こういうのは焦ってしまってはいけませんね。薄曇りのために手前の寺院に露出を合わせたら背後の尖塔が白く飛んでしまい、私としては珍しく大失敗の写真になってしまいました。辛うじて飛びきらずに残っている部分がお分かりでしょうか…?


161120_08_03


 寺院群のひとつ、光明寺の山門。こちらもどことなくエキゾチックな印象です。


161120_08_04


 わりと長い石段を登り……


161120_08_05


 平戸ザビエル記念教会に到着です。1931(昭和6)年築のネオゴシック様式のカトリック教会。ここには元々「天門寺」という、1551(天文20)年に建てられた日本で初めて(※諸説あり)のカトリック教会があったそうです。


161120_08_06

161120_08_07


 教会名の由来は、平戸にも複数回来島したというフランシスコ・ザビエル。1971年にこちらの記念像が建立されたのを機に、現在の名前に改称されたとのことです。


161120_08_08


 後日島原を訪れますが、ここ平戸でも秀吉の禁教令発布によってキリシタンに対する激しい弾圧が行われ、境内には殉教者の慰霊碑が立てられています。


161120_08_09


 教会内部をちょっと覗いたあと(撮影禁止だったので写真はありません)、今度は『松浦史料博物館』へ。せっかく坂を登ってはきましたが、またトントンと階段を下っていきます。


161120_08_10

161120_08_11


 10分ほどで到着。平戸松浦家の旧邸の内部に、同家に代々受け継がれてきた史料が展示されている博物館です。石垣と階段は江戸時代初期のもの。今回は時間の関係で内部の見学はパスしてしまったのですが、豪壮な館の外観だけでも見る価値があるからと観光案内所のスタッフさんにお薦めされてやって来たというわけです。


161120_08_12

161120_08_15

161120_08_13


 石段の上から平戸の町を見下ろして。蘭英貿易で栄えた松浦家らしく、入口には現在のイギリスとオランダの国旗が掲げられています。


161120_08_14


 最後の目的地である『平戸オランダ商館』へ向かいます。こちらは歩き出したところの路上で寛いでいたぬこさん。私は犬派なので猫にカメラを向けることはあまりないのですが、あまりに無防備すぎたのでつい……。


161120_08_16


 次回は平戸散策編最終回です。

(2016.11.20)


« 16/11/20 (7)平戸にて・その2【平戸城】 | トップページ | 16/11/20 (9)平戸にて・その4【オランダ塀~平戸オランダ商館】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/64815758

この記事へのトラックバック一覧です: 16/11/20 (8)平戸にて・その3【平戸ザビエル記念教会~松浦史料博物館】:

« 16/11/20 (7)平戸にて・その2【平戸城】 | トップページ | 16/11/20 (9)平戸にて・その4【オランダ塀~平戸オランダ商館】 »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ