« 16/11/21 (4)島原の城下町 その1【島原城・前編】 | トップページ | 16/11/21 (6)島原の城下町 その3【武家屋敷】 »

2017.02.10

16/11/21 (5)島原の城下町 その2【島原城・後編】

 島原城の共通入館券は大人個人で540円。残念ながらSUNQパスの優待については対象外となっています。



 天守閣の内部は例によって各種史料の展示室となっているのですが、なかでも注目なのが1Fのキリシタン史料の展示室。隣の天草と並んでキリシタンの本場?ということもあり、日本に伝来したキリスト教が如何なる形に変容してこの地に根を下ろしていったのかがつぶさに見られる史料が豊富に揃っており、非常に興味深い内容となっています。観音菩薩なのにどことなくバタ臭い顔立ちの像があったりするのですが、これは「マリア観音」といってキリスト教が弾圧を受けていた時代に聖母マリアをこの像へ仮託して信仰の対象にしたとのこと。重政による雲仙での凄惨を極めるキリシタンの拷問・虐殺は広く知られるところではありますが、これらの展示物からも文字通り命を賭して信仰にその身を捧げた、敬虔なるキリシタン達の鬼気迫る想いが伝わってくるのではないでしょうか。

 1Fに続いて2Fの郷土史料や3Fの民俗史料もさらっと見学。天守閣がデカいぶん、史料展示室も相当な広さです。

 そして最上階の展望台へ。こちらは島原駅とその向こうの有明海方向の写真です。視程が良ければ対岸の熊本までくっきりと見えるらしいのですが、今日はこのとおり完全に霞んでしまっていました。


161121_04_11


 先刻バスでやって来た北方向と……


161121_04_12


 逆の南方向。


161121_04_13


 こちらは島原の町を睥睨する眉山。徳島市のシンボルの方は「びざん」ですが、こちらは「まゆやま」と読みます。1792(寛永4)年、普賢岳の噴火で誘発された地震によってこの山の一部が崩壊し、大量の土石流が島原城下を経由して一気に有明海へ突入しました。土石流自体による被害も甚大なものでしたが、今度はこの衝撃が有明海に津波を発生させて対岸の肥後の沿岸地域へ襲来。幅20km弱の閉鎖的な海域であることが災いして津波の威力が減衰するまでに両岸で複数回バウンドすることになり、更に被害を拡大するに至りました。土石流と津波の被害を合わせた死者は約1万5千人。のちに「島原大変肥後迷惑」と呼ばれることになる、日本の有史以来最大の火山災害です。


161121_04_14


 島原の乱に島原大変肥後迷惑にと、本土の果ての小さな町ながら日本史上に残る大きな悲劇を度々くぐり抜けてきた島原。ここまで敢えて触れてこなかったのですが、現代を生きる我々にとって最も身近なのが1990年代の雲仙普賢岳の噴火です。あの頃、この地名をニュースで聞かなかった日は一日たりともなかった位ですからね。島原城の敷地の一角にも、『観光復興記念館』という当時の噴火活動の記録を映像や展示で紹介する資料館があります(下の写真)。


161121_04_15


 見学は有料ですが先の共通入館券がそのまま使えます。メインとなる映像コーナーは機材の不具合のためにビデオが視聴に堪える状態ではなかったのですが、ああ、そういえばここも四半世紀前の被災地だったんだよなぁ、と、当時の記憶を生々しく呼び起こさせるのには十分でした。一言で《震災》と言ったならば、私の場合は神戸出身なので文脈の上で対象が明確になっていない限りは東日本大震災ではなく永遠に阪神・淡路大震災を指すことになるのですが、徐々に風化しつつあるこれさえも雲仙普賢岳の噴火の「後」だという事実に愕然とさせられます。痛めつけられては立ち上がりと、この地で今も紡がれ続けている町の歴史はそのまま自然災害に絶え間なく晒されている日本人の歴史に通底しているのだと認識したのでありました。ただ一つ救いがあるとするのならば、かつて未曾有の広域災害を引き起こした眉山が200年後には火砕流から島原の町を守る防護壁としての役目を担ってくれたということでしょうか。

 正午、島原城を離れます。このあとは途中でランチを摂りつつ武家屋敷街へ。

(2016.11.21)


« 16/11/21 (4)島原の城下町 その1【島原城・前編】 | トップページ | 16/11/21 (6)島原の城下町 その3【武家屋敷】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/64867296

この記事へのトラックバック一覧です: 16/11/21 (5)島原の城下町 その2【島原城・後編】:

« 16/11/21 (4)島原の城下町 その1【島原城・前編】 | トップページ | 16/11/21 (6)島原の城下町 その3【武家屋敷】 »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ