« 17/01/23 (2)観光特急しまかぜ その2【往路・京都→大和八木】 | トップページ | 17/01/23 (4)伊勢神宮外宮 その1 »

2017.03.16

17/01/23 (3)観光特急しまかぜ その3【往路・大和八木→伊勢市】

 10時56分に出発する大和八木からは針路を東へ。乗務員が交代し、車内放送の声の主も変わりました。ここから伊勢中川まではアーバンライナーで幾度となく通った道のり。さんざん見慣れた景色もしまかぜのプレミアムシートからならばまた印象が違ってくる…かも? いや、アーバンライナーのデラックスカーもシートピッチ以外はJRのグリーン車に比肩する大変上質な設備ではあるのですが。



 次の停車駅は我々の下車駅である伊勢市。桜井を通過してしばらくすると電車は山間部へと入っていきます。アーバンライナーに公衆電話が設置されていた時代にはこの先は圏外になるために使用できない旨の自動放送が入ったものですが、携帯電話が普及して久しい現在では山間部どころかトンネルの中でも通話・通信が可能(2017年1月現在はNTTドコモおよびドコモ系MVNOのみ)となっています。

 旅の初っ端には冬将軍にヒヤリとさせられましたが、旧榛原町の盆地エリアに入るとこちらでも降雪が。下の写真ではまったく伝わらないのですが、実際には相当な横殴りの雪となっていました。


170123_03_01


 しまかぜではカフェ車両の営業のほかにワゴンサービスも実施されています。もちろん我が6号車にも回ってくるのですが…… あれ、ここってハイデッカー構造じゃなかったっけ? 調べてみると段差をまたぐためのリフトが用意されているみたいですね。新幹線E4系と同じ仕組みというわけです。E4系の場合は車両を通り抜ける度に昇降が必要ですが、しまかぜでは両端の先頭車へ出入りする時だけなので遥かにスムーズではあります。

 続いて車内でのWi-Fiサービスについて。しまかぜでは2種類のサービスが用意されており、一つは通常のインターネット接続なのですが、もう一つがこちら↓の車内専用プログラム・『しまかぜチャンネル』。


170123_03_02


 伊勢志摩の観光情報や音楽サービス、列車の現在位置の表示といったコンテンツが配信されており……


170123_03_03


 このように前面・後面展望の放映も。1・6号車の車内案内装置は液晶タイプではないので、こうして手持ちのスマホやタブレットで視聴することになります。Wi-Fiのキャパシティの関係でSD画質相当に圧縮されているため(圧縮→ストリーミングの過程で数秒のラグも発生)、大画面では粗が目立つのは致し方ないところではありますが。


170123_03_04


 なお、これら2つのサービスは別々のSSIDとなっているので、サービスを切り替えたい時には再接続が必要となります。しまかぜチャンネルについては何の問題もなく繋がったのですが、インターネット接続の方はブラウズ中に突如として謎のログイン画面に飛ばされたりと、当方の環境のせいかどうかは不明ながら安定性が今一つだったのが残念でした。

 榛原・名張・青山町と進むごとに一般列車の本数は漸減していき、青山峠をはさむ青山町~伊勢中川の閑散区間では特急列車が主役。時間帯によっては名阪・阪伊・京伊の3本の特急が雁行するという場面もみられ、北陸本線の金沢以東が三セクされた今となっては日本で唯一残ったとも言える“特急街道”となっています。

 40分弱で山間部を抜けて伊勢平野へ。アーバンライナーで名阪間を移動する場合はこの辺りが道半ばとなりますが、今回の旅ではもう1/6を残すのみとなりました。


170123_03_05


 5年前に曲線半径が緩和された大阪線~名古屋線の新短絡線を眺めつつ、伊勢中川を通過。名阪特急が抜けた穴をそのまま埋めるように名伊特急が加わるため、山田線へ入っても相変わらずの特急街道が続きます。

 下の写真は松阪通過の場面。JR紀勢本線との乗り換え駅になっており、10年ほど前に<南紀>と<くろしお>を乗り継いで紀伊半島を早回りした際にこの駅まで近鉄特急に乗ってきましたっけね。松阪駅の名物駅弁である『元祖・特撰牛肉弁当』も南紀の車中で味わったものです。本日のディナーでも松阪牛が出てくるので、「再会」が楽しみ。


170123_03_06

170123_03_07


 さらに平坦区間を駆け抜け、12時02分、定刻どおりに伊勢市に到着。30分強の間に3本続けてやって来るしまかぜのうち、近鉄名古屋発に次いで二番手での到着となります。長らく速達系の甲特急は通過していたのですが、しまかぜの運転開始に合わせて全営業列車の停車駅に格上げされたとのこと。伊勢神宮外宮へは宇治山田駅からもそう遠くはありませんが、やはり伊勢市駅の方が便利ですからね。今回もその恩恵を受けることになりました。ちなみに京都からの所要時間は2時間02分(※土日祝日は3分短い1時間59分)。参考までに大阪難波からだと同じく平日ダイヤで1時間36分、近鉄名古屋からに至っては1時間15分と乗った気になれないほど短いため、特急券の取り易さという観点からも京都発着便は穴場かと思われます。

 デッキでアテンダントさんに見送ってもらい、ホームへ降り立ちます。次回からは伊勢神宮外宮編。

※しまかぜ復路編はコチラ→その4その5

(2017.01.23)


« 17/01/23 (2)観光特急しまかぜ その2【往路・京都→大和八木】 | トップページ | 17/01/23 (4)伊勢神宮外宮 その1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224041/65014357

この記事へのトラックバック一覧です: 17/01/23 (3)観光特急しまかぜ その3【往路・大和八木→伊勢市】:

« 17/01/23 (2)観光特急しまかぜ その2【往路・京都→大和八木】 | トップページ | 17/01/23 (4)伊勢神宮外宮 その1 »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ