« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月の13件の記事

2017.06.16

IV 日帰りの旅 索引ページ

上の方ほど新しい記事となっています。
見出し頭のマークは、◆:鉄分多め / ◇:鉄分少なめorゼロ を表します。
リンク背景が黄色の記事はおすすめ記事です。

**********


京都丹後鉄道・観光列車「あおまつ」「あかまつ」/舞鶴赤れんがパーク


近鉄「青の交響曲」で行く、新緑の吉野


ガンバ大阪VSベガルタ仙台の試合を観に行きました
ヴィッセル神戸VSアルビレックス新潟の試合を観に行きました(タダで)


あべのハルカス登頂


大阪府摂津市の新幹線公園複線化後の赤川鉄橋
     高槻バーガー / 開業5年後の阪急摂津市駅


信楽高原鐵道&近江鉄道 ”ほぼ”全線制覇


関西矯正展@大阪刑務所(2014年)


日本最古のため池を訪ねて【大阪狭山市・狭山池】


巨大ジャンクション、垣間見ユ~垂水健康公園にて~


日本最古のXX、2題【大阪府営浜寺公園/南海浜寺公園駅駅舎】


人と自転車の複々線? 大野川緑陰道路(大野川遊歩道)を散策


神戸市・石井ダム&立ヶ畑ダム&布引ダムを訪ねて
     鈴蘭台駅石井ダム菊水山駅立ヶ畑ダム(烏原貯水池) / 布引ダム(五本松堰堤)


「会いにいける古墳」たち。馬見丘陵公園(奈良県)を散策


淡路島でくいだおれ(道の駅あわじ→あわじ花さじき→道の駅うずしお)


◇ 生駒の山を歩いて越える 暗峠編 / 十三峠編


「リニア・鉄道館」を見に行く
     WILLER EXPRESS 高速バス


遥かなる「鍵」路-宝塚⇔氷ノ山弾丸往復記


京都・嵐山花灯路2013 & 京とれいん@嵐山駅


新型マリンライナーと高松琴平電鉄(ことでん)乗りつぶしの旅
     大原美術館


瀬戸内ミニドライブ
     “天空の城”備中松山城 / 高梁・武家屋敷街 / 下津井 / 渋川海岸


『鉄道の日記念 JR西日本一日乗り放題きっぷ』の旅 2005
     鞆の浦 / 尾道 / 岡山電気軌道MOMO


『鉄道の日記念 JR西日本一日乗り放題きっぷ』の旅 2003
     福知山 / “天空の城”竹田城


美作・因幡ぶらり旅
     智頭急行 / 宮本武蔵駅 / 若桜鉄道 / 因美線


キングオブ廃線跡~晩秋の武庫川渓谷にて~(福知山線旧線跡)


高槻市の“秘境”を訪ねて(萩谷~萩谷総合公園~摂津峡)


柏原市の“秘境”を訪ねて(雁多尾畑)


大阪渡船ラリー
     大阪市営の8つの渡し船と安治川トンネル(河底トンネル)を訪問


京阪中之島線 全駅制覇


北播磨ぶらり旅
     北条町 / 北条鉄道 / 廃線前の三木鉄道 / 三木


『年末・年始西日本乗り放題きっぷ』の旅
     大阪 → 博多 → 柳井 → 広島 → スカイレールみどり坂線 → 大阪


関西文化の日 国立国際美術館 / 大阪歴史博物館 / 大阪城公園


近鉄けいはんな線初乗り


神戸ルミナリエ2007


わかやま電鉄 いちご電車 / たま駅長 / おもちゃ電車


『スルッとKANSAI 3dayチケット』の旅


きのくに小旅行
     紀州鉄道(日本第二位のミニ私鉄) / 湯浅 / 黒江 / 山中渓駅

2017.06.15

17/05/22 (12・終)コスパモンスターでおうちへ帰ろう

日本交通高速バス 東舞鶴駅前(16:30) → 宝塚インター(18:16) ※10分早着


 発車5分前に乗り場へ向かうと、バスはとっくに据え付けられて乗車が始まっていました。チケットカウンターは北口前のケーズデンキの1Fにありますが、先述のように乗車券は既に用意してあるのでそのまま乗車することにします。

続きを読む "17/05/22 (12・終)コスパモンスターでおうちへ帰ろう" »

2017.06.14

17/05/22 (11)中舞鶴線廃線跡を辿って東舞鶴駅へ

 赤れんが博物館から東舞鶴駅へ向かいます。博物館すぐ横にある夕潮台公園の麓には、このような古いトンネルがぽっかりと口を開けていました。調べてみると防空壕の跡なのだそう。


170522_11_01

続きを読む "17/05/22 (11)中舞鶴線廃線跡を辿って東舞鶴駅へ" »

2017.06.13

17/05/22 (10)舞鶴赤れんがパーク その2

 2号棟~5号棟が並ぶエリアをいったん離れ、3棟の「文部科学省所管倉庫」を横に眺めながら「赤れんがロード」を進みます。これらの倉庫に関しては重文登録はされているものの先に見てきた4棟の倉庫のようなリノベーションは実施されておらず、本来の役割を終えた当時の状態を維持。無造作に張り巡らされた電線もそのまま放置されています。安全が担保されていないので当然建物内部へは入れませんが、他方で文化遺産としてはこちらの方が断然見応えがあるわけでして。

続きを読む "17/05/22 (10)舞鶴赤れんがパーク その2" »

2017.06.12

17/05/22 (9)舞鶴赤れんがパーク その1

 改めまして散策開始。こちらの『舞鶴赤れんがパーク』は、旧海軍が明治~大正期に倉庫として建設した赤れんが建造物のうち北吸(きたすい)地区に残るものを改装し、文化・交流施設として様々な用途で活用しているもの。グランドオープンは2012(平成24)年と最近で、私が前回舞鶴を訪れた時にはまだ無かったために今回が初訪問となりました。なお、敷地内の12棟の倉庫のうち8棟が国の重要文化財に指定されています。

続きを読む "17/05/22 (9)舞鶴赤れんがパーク その1" »

2017.06.11

17/05/22 (8)「本場の」肉じゃがを食す

 それでは舞鶴赤れんがパークへ向かいます。ここは東舞鶴駅からも徒歩圏内ですが、丹鉄に乗ってきたならば西舞鶴駅から出ている路線バスを利用するのが便利。日中は30分間隔なのですが、予め時刻を調べておいたところ今回は6分という絶妙な接続でした。
(時刻表へはこちらのリンクから。路線は「東西循環線」となります)

続きを読む "17/05/22 (8)「本場の」肉じゃがを食す" »

2017.06.10

17/05/22 (7)京都丹後鉄道・観光列車「丹後あかまつ」 その2【行程編】

京都丹後鉄道宮舞線 普通丹後あかまつ2号 宮津(11:38) → 西舞鶴(12:19)


 11時38分、宮津を出発。「あおまつ」とは違って常時アテンダントが乗務しているので、車内放送はすべて肉声で行われます。列車はすぐに宮津湾沿いへ出て、車窓からは湾越しに天橋立の砂嘴が横たわる姿が。この砂嘴に繁る松が「あおまつ」「あかまつ」、及び今回は取り上げなかったレストラン列車の「くろまつ」の名称の由来となっています。


170522_07_01

続きを読む "17/05/22 (7)京都丹後鉄道・観光列車「丹後あかまつ」 その2【行程編】" »

2017.06.08

17/05/22 (6)京都丹後鉄道・観光列車「丹後あかまつ」 その1【アコモ編】

 11時35分、天橋立駅で折り返してきた「丹後あかまつ」号が入線してきました。外観の写真については先刻「あおまつ」の隣へ入線してきた際に撮影したものを載せておきます。「あおまつ」の方向幕には種別と行先が表示されていましたが、こちらは観光に特化した列車ということで「あかまつ/SPECIAL TRAIN AKAMATSU」表記となっています。

続きを読む "17/05/22 (6)京都丹後鉄道・観光列車「丹後あかまつ」 その1【アコモ編】" »

2017.06.06

17/05/22 (5)丹鉄のキーステーションをたずねて~宮津駅~

 珍しくきっぷに下車印を捺されたりなどしつつ、宮津駅の正面へ。人口2万人の宮津市の玄関口となる駅です。宮福線が開通するその60年以上前の1924(大正13)年には既に国鉄線の駅として開業しており、近く開業100周年を迎えるという歴史の古い駅となっています。


170522_05_01

続きを読む "17/05/22 (5)丹鉄のキーステーションをたずねて~宮津駅~" »

2017.06.05

17/05/22 (4)京都丹後鉄道・観光列車「丹後あおまつ」 その2【行程編】

京都丹後鉄道宮福線 快速丹後あおまつ1号 福知山(10:08) → 宮津(10:50)


 10時08分、「あおまつ」号は定刻通りに福知山駅を後にしました。種別は快速なので、宮津まで途中12駅あるうちの5駅にのみ停車します。先述のように日によっては1人乗務となるので車内放送は基本的に自動放送、アテンダント乗務時には適宜肉声による観光案内や乗り換え案内が加えられるという形式となります。

続きを読む "17/05/22 (4)京都丹後鉄道・観光列車「丹後あおまつ」 その2【行程編】" »

2017.06.04

17/05/22 (3)京都丹後鉄道・観光列車「丹後あおまつ」 その1【アコモ編】

 列車が出発する2番ホームへ進みます。これから乗車する丹鉄宮福線の列車は原則としてこの頭端式の1・2番ホームを使用していますが、京都・大阪方面へ直通する特急についてはJR線のホームを発着しています。


170522_03_01

続きを読む "17/05/22 (3)京都丹後鉄道・観光列車「丹後あおまつ」 その1【アコモ編】" »

2017.06.03

17/05/22 (2)「海の京都」へ(後編)

 高架駅となった福知山駅にて。下の写真はコンコース(1枚目)、JR改札口(2枚目)、VIERRA福知山というミニ商店街(3枚目)です。

続きを読む "17/05/22 (2)「海の京都」へ(後編)" »

2017.06.02

17/05/22 (1)「海の京都」へ(前編)

 近鉄の「しまかぜ」「青の交響曲」の乗車がなかなか楽しかったので、不要不急の外出を控えなければならない酷暑の季節が到来する前に観光列車の「おかわり」をしようと思い立ちました。手近なところではまず南海高野線の「天空」が思い浮かんだのですが、列車の行先である高野山に全然用事がない…ということで、前から行ってみたいと考えていた舞鶴の赤れんがパークの訪問を兼ねて、京都丹後鉄道(略称:丹鉄)の「あおまつ」「あかまつ」に乗りに行ってみることにしたのでした。

続きを読む "17/05/22 (1)「海の京都」へ(前編)" »

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ