カテゴリー「文化・芸術」の23件の記事

2019.09.01

あいちトリエンナーレ2019 Part5【四間道・円頓寺エリアII】

 引き続き、円頓寺商店街の南側に広がる古い街並みを散策。時季が時季なので、展示作品を求めてという以上にクーラーを求めて……という感じになりがちではありますが。


Aichi_triennale_05_01
▲こちらも会場のひとつの「那古野一丁目長屋」

続きを読む "あいちトリエンナーレ2019 Part5【四間道・円頓寺エリアII】" »

2019.08.30

あいちトリエンナーレ2019 Part4【四間道・円頓寺エリアI】

 13時10分頃、四間道・円頓寺エリアへ到着。この地名、何気に難読地名でして、四間道は「しけみち」、円頓寺は「えんどうじ」という読み方をします。作品群は大通りを挟んでひとつながりとなっている円頓寺商店街・円頓寺本町商店街沿いに展開しており、まずは東側の円頓寺商店街へ向かうことにしました。

続きを読む "あいちトリエンナーレ2019 Part4【四間道・円頓寺エリアI】" »

2019.08.29

あいちトリエンナーレ2019 Part3【愛知芸術文化センターII】

 件の展示“跡地”のある8Fです。

続きを読む "あいちトリエンナーレ2019 Part3【愛知芸術文化センターII】" »

2019.08.27

あいちトリエンナーレ2019 Part2【愛知芸術文化センターI】

 ホテルからの道のりをほぼそのままなぞる形で、歩いて栄へ戻ります。2020年の全面リニューアルへ向けて工事がたけなわの久屋大通公園を抜けると、オアシス21前で表現の不自由展の再開を求めて野良パフォーマンスを行う人達がおられました。私に関しては少女像はどうでも良くて同展の趣旨に興味を惹かれただけなのですが、とはいえ利害は完全に一致しているわけなので心の中で賛同の姿勢を示しておきます。


Aichi_triennale_02_01

続きを読む "あいちトリエンナーレ2019 Part2【愛知芸術文化センターI】" »

2019.08.25

あいちトリエンナーレ2019 Part1【名古屋市美術館】

Aichi_triennale_01_01


 親愛なる読者の皆様。大変ご無沙汰しております。10~20代の時分よりは大幅に頻度は落ちたとはいえ、この頃も遠近問わずちょくちょく旅に出掛けてはいるのですが。最近は記事に起こす気力が減退してしまい、私生活において精神的に疲弊してネットへつなぐことすら負担に感じ、気づけば丸1年も放置してしまいました。放置期間中もアクセスカウンターはコンスタントに回っており、RSSリーダーに登録してくださっている方(→チェックできるサイト)も沢山いらっしゃるようで、誠に心苦しい限りです。ご期待に沿えず申し訳ございません。


 というわけで生存報告も兼ねまして、またローペースながら更新を再開していくことにします。まずは例の像の件でこの手の芸術祭としては異例の注目を集めることになった、『あいちトリエンナーレ』(2019年開催)の訪問記から。当初はまた電脳井戸端会議のネタが投下されおったわー、と、いつものように静観するつもりだったのですが、作家の瀬川深さんの訪問レポートを読んでいたら俄かに興味が湧いてきまして。私が訪れた日には既に『表現の不自由展・その後』のコーナーは公開が中止されており、さらに検閲への抗議や連帯を表明する一部の作家が自身の作品を引き上げるという事態にまで発展していましたが、今回は芸術祭そのものが面白そうだったので訪問を止めるほどのクリティカルな事態だとは考えず、予定どおり名古屋まで足を運ぶことにしたのでした。大阪近郊からならば近いものですしね。私はアートの批評者としての素養があるわけではないので瀬川さんのように端正な文章は書けず、甚だ取り留めのない内容になるとは思いますが、ある意味で“風評被害”を被ってしまったイベントの実態が果たしてどんなものだったのか……というのが少しでも伝われば幸いです。

続きを読む "あいちトリエンナーレ2019 Part1【名古屋市美術館】" »

2014.03.20

14/03/07 (10)“旅先”で見にいく、『印象派を超えて―点描の画家たち』

続きを読む "14/03/07 (10)“旅先”で見にいく、『印象派を超えて―点描の画家たち』" »

2013.10.18

オランダ (7-2)オランダ絵画の殿堂~アムステルダム国立ミュージアム~

20130424092127s
《アムステルダム国立ミュージアム・外観》

というわけで、オランダ国内最大の美術館・国立ミュージアム(Rijksmuseum)である。実はこの美術館、10年前の2003年末から長期の改修工事が実施されていたのがこのほど竣工し、つい11日前にグランドオープンを迎えたばかり。ガラス天井を通して外光がふんだんに射し込むエントランスホールへ入ると、新築の匂いがプンプンと漂っている。

続きを読む "オランダ (7-2)オランダ絵画の殿堂~アムステルダム国立ミュージアム~" »

2013.08.18

オランダ (3-5)仮住まいの名画たち~ハーグ市立美術館~

トラムStatenplein停留所から歩いてすぐのハーグ市立美術館(Gemeentemuseum Den Haag)へ。主に近代以降の作品を所蔵する美術館だが、現在マウリッツハイス美術館が改装工事のために休館中で、その間一部の所蔵作品がこの美術館に移されているのである。一昨年購入したガイドブックには入館料は10ユーロと書かれているが、今はマウリッツハイスコレクションが加わっているせいか14.5ユーロに大幅値上げされていた。

20130420150400s
《ハーグ市立美術館・外観》

続きを読む "オランダ (3-5)仮住まいの名画たち~ハーグ市立美術館~" »

2013.01.29

国芳ワールドヘ連れてって。「歌川国芳展~奇想の浮世絵師による江戸案内~」

Kuniyoshi_1


再び阪神電車に乗り、次の元町駅で下車します。遅い昼食を済ませた後、2つめの美術館・大丸ミュージアム<神戸>(大丸神戸店9F)へ。ここで鑑賞するのは、「歌川国芳展~奇想の浮世絵師による江戸案内~」です。歌川国芳 [うたがわ くによし/1798-1861] とは江戸時代末期に彗星のように現れた、浮世絵の奇才のこと。確かな画力で華やかなりし江戸の風俗・文化を克明に描き出すとともに、その卓越した発想力でユーモアやウィットにあふれた作品を怒涛の如く生み出し続け、現在は海外でも高く評価されている、日本が誇るスーパーアーティストです。

続きを読む "国芳ワールドヘ連れてって。「歌川国芳展~奇想の浮世絵師による江戸案内~」" »

2013.01.25

スオミの国からこんにちは。「フィンランドのくらしとデザイン-ムーミンが住む森の生活」展(兵庫県立美術館)

Finland_hpmoa_02


2013年は芸術づいた年にしようかなと考えておりまして、手始めに現在神戸で開催されている和と洋、2つの展覧会をハシゴしてきました。

1つめは兵庫県立美術館で3月10日まで開催の、「フィンランドのくらしとデザイン-ムーミンが住む森の生活」展。もう十数回は訪れている兵庫県立美術館、全てを記事にはしていないものの(だってめんどくさいんだもん)、すっかり私のアート鑑賞に於けるホームグラウンドとなってしまいました。

続きを読む "スオミの国からこんにちは。「フィンランドのくらしとデザイン-ムーミンが住む森の生活」展(兵庫県立美術館)" »

スポンサーリンク

Blog内検索

Amazonでお買い物しませんか?

無料ブログはココログ