« 初夏の京都嵐山 前編・松尾大社から地蔵院へ(2020.05) | トップページ

2021.04.23

初夏の京都嵐山 後編・嵯峨鳥居本から渡月橋へ(2020.05)

 20分間隔のバスをタイミングよく待ち時間0分でつかまえ、嵯峨釈迦堂前バス停へ。ちょうど通り道の途上にあるので、バス停の名前になっているこちらのお寺にも寄っていきます。嵯峨釈迦堂は通称で、正式名称は五台山清凉寺。門構えだけで伝わるように、詳しくは調べていないもののすんごい由緒あるお寺だそうです(テキトー)。


Arashiyama2005_037

Arashiyama2005_038

Arashiyama2005_039

Arashiyama2005_040

Arashiyama2005_041

Arashiyama2005_042

Arashiyama2005_043


 嵯峨鳥居本を目指し、北方向へ緩やかな坂道を上っていきます。決してマイナーな場所ではないので沿道にはツーリスト向けの店舗が幾つも並んでいますが、やはり渡月橋周辺とは品位において歴然とした差が。インバウンドは全滅し国内でも出控えということで、通りを歩いていても偶に人影が現れる程度。観光エリアの外れとはいえ、嵐山にあるまじき人口密度です。世間の空気をガン無視して言ってみると…… めっちゃ快適やん、ずっとこれでいいわ。


Arashiyama2005_044

Arashiyama2005_045

Arashiyama2005_046

Arashiyama2005_047

Arashiyama2005_048

Arashiyama2005_049

Arashiyama2005_050

Arashiyama2005_051

Arashiyama2005_052

Arashiyama2005_053

Arashiyama2005_054

Arashiyama2005_055

Arashiyama2005_056

Arashiyama2005_056b


 初夏の陽気ということで、周りに人が居ないところではちょくちょく顎マスクに切り替えつつ。嵯峨釈迦堂からは結構歩きましたが、目的地の嵯峨鳥居本に到着です。途中の道のりも含め、ここは星の数ほどある京都の名所の中でも抜群に雰囲気の良いスポット。京都市内には意外にも4か所にしか存在しない重伝建のひとつでもあります。できれば季節を変えて何度も訪れてみたいのですが、いかんせん嵐山に3路線ある鉄道駅のいずれからも相当な距離があり、よりによって私にとって最も便利な阪急の駅が最遠。阪急嵐山駅発着の京都バス(※京都市営バスとは別の事業者)の路線もありますが、1時間に1本ペースなので便利とはいえません。……という愚痴はともかく、地蔵院に続いてここでも青もみじが迎えてくれ、(クルマが目障りなれど)令和2年とは思えないような景観にしみじみ。


Arashiyama2005_057

Arashiyama2005_058

Arashiyama2005_058b

Arashiyama2005_059

Arashiyama2005_060

Arashiyama2005_061

Arashiyama2005_061b

Arashiyama2005_056c


 写真に写っている鳥居は、この先の愛宕山山頂にある愛宕神社の一の鳥居。比叡山延暦寺と並び称され、戦前・戦中は嵐電嵐山駅から電車とケーブルカー(愛宕山鉄道平坦線・鋼索線)を乗り継いで訪れることが出来ましたが、現在は登山同然の徒歩ルートが唯一のアクセス手段となっています。私の方は当然ここで回れ右。上述の路線バスで帰るという方法もありますが幸いまだ余力があるので、近隣スポットの訪問がてら徒歩で阪急嵐山駅へ向かうことにしました。


 来た道をそのまま辿って南へ。嵯峨釈迦堂方面へ向かう道と分かれたのちも更に南下し、トロッコ嵐山駅そばの小倉池(下の写真)までやって来ました。流石にこのエリアに足を踏み入れるとツーリストの姿も少なくなく、ドラクエ風に表現すればせいすいやトヘロスが効かなくなった、という感じ(だって“敵”同士なんだもの…)。そこまでは想定内としても、結構な割合で外国人の若者──それも厄介なことにグループで──が交じっているのが大いに気になるのですが。在留ならばいいのですけれど……まさか観光客入れてないよね?


Arashiyama2005_062


 この池の畔に鎮座している小さな神社が、日本で唯一の髪の神社である御髪神社(みかみ-じんじゃ)。同じ嵯峨エリアにある車折(くるまざき)神社の玉垣には芸能人の名前がずらり、なのですが、こちらの玉垣には理美容を筆頭とした頭髪関連の組合・企業名が並んでいます。


Arashiyama2005_063

Arashiyama2005_064


 ご存知竹林の小径。


Arashiyama2005_065

Arashiyama2005_066

Arashiyama2005_067


 野宮(ののみや)神社。今日は青もみじをこれでもかと堪能しました。


Arashiyama2005_068

Arashiyama2005_069

Arashiyama2005_070


 嵐電嵐山駅。この電車にも久しく乗ってないな。


Arashiyama2005_071

Arashiyama2005_072

Arashiyama2005_073b

Arashiyama2005_074

Arashiyama2005_075

Arashiyama2005_076

Arashiyama2005_077


 一時期は竹下通りのようだったメインストリートの長辻通も、案の定人通りが激減していました。まるっきりゴールが見えない類の災難なのが、8年前のような洪水被害と較べて異質なところ。これを目に映るままの不幸と捉えるか、それともオーバーツーリズムの終わりの始まりを物語る景色と捉えるかとで、印象が真逆になる事象と言えます。


Arashiyama2005_078

Arashiyama2005_079


 渡月橋の歩道もほら、こんなに歩きやすい。通俗用法とは違いますが、レッツ・ポジティブシンキング!ですよ。


Arashiyama2005_080

Arashiyama2005_081

Arashiyama2005_082

Arashiyama2005_082b


 嵯峨鳥居本で引き返してから1時間40分。余力どころか最もハードなセクションになってしまいましたが、ゴールの阪急嵐山駅に到着です。桂から先、平時ならばこの時間は混んでいる特急を避けて準急でのんびり帰るという選択肢もあったものの、入ってきた特急は拍子抜けするほどに空いていたのでした。

今日の歩数カウント:25,024歩


Arashiyama2005_083

Arashiyama2005_084

Arashiyama2005_086

Arashiyama2005_085


〔関連記事〕
京都・嵐山花灯路2013 前編後編
後半でご紹介した渡月橋周辺エリアのライトアップバージョンです。

« 初夏の京都嵐山 前編・松尾大社から地蔵院へ(2020.05) | トップページ

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 初夏の京都嵐山 前編・松尾大社から地蔵院へ(2020.05) | トップページ

スポンサーリンク

Blog内検索

無料ブログはココログ