« 22/07/04 (10)熊本電鉄【藤崎宮前→北熊本→上熊本】 | トップページ | 22/07/05 (1)アイレーさんサンダガ釣瓶打ちの巻 »

2022.07.29

22/07/04 (11)熊本市電【上熊本→辛島町→二本木口】

 3面2線のプラットホームを持ち、停留所ではなく駅と呼ぶ方が相応しい熊本市電上熊本電停です。下の写真左側がレトロな感じになっているのですが、調べてみればこちらは高架化前のJRの駅舎の一部を移築したもので、レトロ「風」ではなく本物の洋風建築。そうと分かっていれば真面目に外観を撮っておいたのですが。


Kyushu2207_1_227


 当電停を始発・終着とするB系統はA系統に比べると本数は控えめで、不等間隔で毎時4本運転のデータイムに於いては20分近く開くタイミングも少なくありません。今の時間帯は等間隔になってはいるものの、15分おきで本数自体は変わらず。


 ホームには現時点で熊本市電の最新車両である0800形第3編成『COCORO』が停まっていたのですが、生憎こちらは回送電車で、このあとすぐ電停に併設された車両基地へ引き上げてしまいました。


Kyushu2207_1_228


 乗車した18時50分発の便はこちらのチンチン電車、1090形。運転席の直後にかぶりつき席があるので、これはこれで良しです。


Kyushu2207_1_229


 熊本城の敷地の西側に沿う区間でちょっと雰囲気が変わる以外は、こちらの沿線も市街地を坦々と進みます。途中に蔚山町(うるさんまち)という電停があり、こちらは先に触れた蔚山城の戦いに因んだ地名。次の新町電停までの区間では車窓からも城下町らしい古い街並みが垣間見られました。西南戦争の折に城下一帯は焼け野原と化してしまったのですが(戦場になるだけでなく政府軍による戦略的な放火やその後の政府・西郷両軍による略奪行為など、その経緯は甚だ壮絶だった模様)、戦後の復興で町割をそのままに町家が建てられ、現在はレトロな街歩きが楽しめるエリアとして注目されているとか(→参考ページ)。そういえばこれらの町家も熊本地震で被災してそのうちの多くが解体の憂き目に遭った…という知られざる事情を以前BS-TBSで観た地元局制作のドキュメンタリー番組で知りましたね。


 新町~洗馬橋(せんばばし)間では専用軌道も。洗馬橋電停南東に同じ読みの船場町という地名があり、ここが童謡『あんたがたどこさ』の中で「せんば山にはたぬきがおってさ」と唄われている場所だそうです。


Kyushu2207_1_231


 洗馬橋を出たところ。次の西辛島町を過ぎてすぐにA系統の路線と合流します。A系統⇔B系統の相互乗り換え停留所である辛島町はその次の交差点を越えた場所にあり、1970(昭和45)年に廃止されるまではこの交差点から更に南熊本駅方面へ向けて線路が分岐していました。こちらの路線も復活が計画されており、健軍町からの延伸プランに次いで実現の可能性が高いとのこと。


Kyushu2207_1_232


 上熊本からは16分で辛島町に到着。もし時間が余れば通町筋の百貨店の食料品売り場でも覗いていくつもりでしたが、もう19時を回ってしまったので当電停でA系統へ乗り継ぎ、真っ直ぐホテルへ戻ることにしました。なお今回はフリーきっぷ利用なので無関係ですが、現金・ICカード(全国相互利用含む)共にちゃんと乗り換え制度もあります。ここの交差点はスクランブル式になっているので、対角線上に配置されている上下の電停間を最短距離で移動できるのが便利。プラットホームが細いのは昔ながらなのですが、A系統とB系統の停車位置をずらして少しでも滞留スペースを拡げるという涙ぐましい?工夫はしてありました。


Kyushu2207_1_233


 本日最後の電車は写真には撮っていないものの8200形、だったはず。単車ながら車掌用の機器を備えているのに加えて転換クロスシート付きという、これらの路面電車では珍しい設備が目を惹きました。車内は熊本駅へ向かう帰宅客で混雑しており、細身の車体のために立つスペース及び態勢の確保になかなか難儀。ラッシュ時間帯としてはやや輸送力は不足気味でしょうか。こちらの区間も熊本駅前での停車時間を含めて15分以上を要し(優先信号の効果は…?)、19時半に二本木口到着。近場ながらもなかなかのレイルウェイ・アドベンチャーだったな…と、雨上がりの空に労をねぎらわれながら一連の濃ゆい行程を振り返っていました。


Kyushu2207_1_234


 ホテルへ帰ってきたら、まずは入浴後に頂く部屋食の弁当箱を受け取っておきます。そののち、1階の大浴場へ。男女別には用意されていないので女性は一時的に鍵を掛けて使用するようになっているほか、土曜や祝前日・連休といった繁忙日には終日男性専用になります。この日は昼間は空っぽだった駐車場が夜には全て埋まっていたように稼働率は高かったようですが、浴場に入ってきたのは私の他には2人だけでした。


 夕食はこちら↓。献立はメモしていなかったのですが、事前の案内どおりの家庭料理風の内容です。風呂から上がってさっぱりした後に食べたかったので、味噌汁が冷えてしまったのは承知の上。レタスをめくるとまた新しいおかずが出てきたりと、見た目はコンパクトながらも十分食べ応えのある量で美味しく平らげました。因みにこの日は1階レストランの利用もOKでしたが、当記事の執筆時点で熊本県内のコロナ感染者が激増しており、恐らく対応は流動的かと思われます。箸をつけた頃には早くも午後9時前になっていましたが、入浴も済んであとは寝るだけなので問題なし。今日は4食も摂ってしまったので、明日はバランスを取る意味で粗食気味にしておこうかと。


Kyushu2207_1_235


 最後はお約束のWi-Fiスピードテストの結果で〆。明日は台風4号が九州本土のどこかへ100%上陸するので不確定要素が多いのですが……というより寝る前のWebチェックの結果、前日のこの時点で既に行程の一部の変更が決まってしまったのですが、もとより今回の旅は連載初回で記した通りに旅そのものが目的ではないので、もし酷い目に遭ったとしてもその時はBlogのネタにすればいいや、後は野となれ山となれ、くらいの感じで気楽に構えておきます。ひとまず明日は朝一番でタスクが2つ控えているので、早めにベッドへ入りました。

今日の歩数カウント:16,051歩


Kyushu2207_1_236


(2022.07.04)

« 22/07/04 (10)熊本電鉄【藤崎宮前→北熊本→上熊本】 | トップページ | 22/07/05 (1)アイレーさんサンダガ釣瓶打ちの巻 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 22/07/04 (10)熊本電鉄【藤崎宮前→北熊本→上熊本】 | トップページ | 22/07/05 (1)アイレーさんサンダガ釣瓶打ちの巻 »

スポンサーリンク

Blog内検索

無料ブログはココログ