« 2022年7月 | トップページ

2022年8月の8件の記事

2022.08.11

22/07/05 (9・終)福岡空港

 16時10分、福岡空港着。地下鉄の改札口を出ると、下の写真の吹き抜けのホールへ出てきます。殆どの流れはチェックインカウンターのある1Fへと向かいますが、搭乗する便のチェックイン開始時刻が16時30分とまだ少し時間があるので、ひとまず2Fへ直通するエスカレーターへ。


Kyushu2207_2_121


 2F・3F全景。国内線ターミナルビルは2年前の2020年8月にリニューアルが完了したばかりで、教えてもらわなければ新築にしか見えません。右側の窓から外を眺めてみれば一衣帯水ならぬ一衣帯道というのか、大通りを一本挟んだところにもう市街地が隣接しているのに驚き。伊丹空港とてターミナルビルの至近距離にこんな風景はありませんからね。


Kyushu2207_2_122


 ちょっと早い夕食をと考えてレストラン街を一巡してみたもののここでも自分基準で全滅となり、時間調整を兼ねて4Fの展望・送迎デッキへ。こちら側の風景に関してはほぼほぼ伊丹空港ですね、いや本当に。両者の大きな相違としては福岡空港は国際線の旅客便の発着があるという点が挙げられ、伊丹空港では伊丹スカイパークのある辺り、滑走路の対岸に国際線用のターミナルビルが建っています。


Kyushu2207_2_123

Kyushu2207_2_124

Kyushu2207_2_125

Kyushu2207_2_127

Kyushu2207_2_126

Kyushu2207_2_128


 チェックイン開始時刻に合わせて1Fへ下ります。今回は座席指定料金を払わなかったので座席番号は未定でしたが、チェックインが30番目と比較的早かったこともあり、右窓側の29Fをゲット。但し最後列から数えて2列目という、任意の選択ではまず選ばないであろうポジションではありましたが。因みに空港使用料・支払手数料を含まない素の運賃は3,690円。大阪(関西)~福岡くらいの距離ならば関空~市内間の移動時間・コストを鑑みると3,000円未満でなければ安いとは感じないものの、きょうは先述のように空港見学を兼ねての航空利用ですので。


Kyushu2207_2_128b

Kyushu2207_2_129


 18時00分発MM158便の搭乗手続きを済ませてあとは帰るだけ──なのですが、地下鉄箱崎線往路あたりからの軽い胃痛がやはり気になっており、体調が優れない時には普段しないようなポカをやらかしがちになるため、太田胃散は常時携帯しているものの胃痛にターゲットを絞った別銘柄のお薬(スクラート胃腸薬・顆粒)をドラッグストアにて入手。薬剤師さん曰くそれなりに即効性はあるようなのですが、とはいっても市販薬ですので効けば儲けもの、くらいの期待で。今後は体質の変化から旅先でのこういった症状にも備える必要があるのでしょうね(こんにちは40代!)。


 新千歳空港あたりでは平日ですらしばしば混雑する保安検査も、ここでは待ち時間ゼロですんなり通過してエアサイドへ。上述の理由もあって夕食は関空到着まで持ち越すつもりでいたのですが、搭乗ゲートへ向かう途中の居酒屋兼海鮮レストラン(下の写真)のメニューに「ごまさば」という福岡の郷土料理を見つけたので、空港価格で値は張ったものの好奇心最優先ということでこちらを食してみることに。


Kyushu2207_2_130


 立地に合わせて超速で出てきたごまさば定食。真サバの刺身(※品種のゴマサバとはまた別)に醤油だれとすりゴマを和えたシンプルな料理で、こちらのお店では他に刻み海苔など色々と薬味が加えられて彩り豊かになっていました。一般的にサバやイワシなどの青魚の生食は食中毒防止の観点から禁忌とされていますが、九州日本海側で獲れるサバについては太平洋側のそれに対して寄生虫(アニサキス)の種の習性の違いから鮮度が高いうちはそのリスクが低いらしく、沿岸地域ではこのような生食文化が根付いているのだとか。そういった理由からこの地域以外では鮮度管理を厳密に行わない限りは易々と口にはできない、輸送技術が発達した現代では珍しくなったホンマモンのご当地料理のため、搭乗ゲート手前のこちらのお店もまた故郷を暫く離れる人にとって有難い存在なのでしょう。


Kyushu2207_2_131


 尚、ごまさば定食のお値段は税込み1,628円と、市中ならば多分この半額程度のはず。胃が傷んでいるというのにこんなの食べて大丈夫なのかという疑問が頭をよぎったものの、そんなちっぽけな憂慮は料理の旨さによって一瞬で吹き飛んでしまいました。次回の福岡訪問の折のお食事は、最低一度はこちらのメニューで決まり!です。因みにこちらの『九州産直角打ち しらすくじら磯貝』、立ち飲み限定のせんべろセットがコスパ良で人気なのだとか。窓に面したテーブル席ならばこちら↓のように駐機中や離着陸する飛行機を眺めながらという空港らしさが味わえるので、今回限りとは言え旅の締めくくりのイベントとしては悪くないチョイスでした。


Kyushu2207_2_132


 ボーディングブリッジ使用ながらも、LCCらしく出発は端っこの2番ゲートから。搭乗率は8割9割とまではいかないものの、Peachの常で程々の乗り具合をキープしています。なお、隣は2席とも空席。搭乗開始は出発15分前と若干遅めながらプッシュバックはほぼ定刻通りでしたが、離陸直前に滑走路の離着陸方向が北向きから南向きへ切り替えられたために、少しのあいだ誘導路上で待機することになりました。空港北端にある2番ゲートから南側まで延々タキシングする必要が無くなったので、多少は相殺された筈ですが。


Kyushu2207_2_133

Kyushu2207_2_134

Kyushu2207_2_135

Kyushu2207_2_136


 そしてテイクオフ。今朝までは保険にまで加入してあれだけ気を揉んでいたというのに、現実はかくも淡白なものです。


Kyushu2207_2_137

Kyushu2207_2_138

Kyushu2207_2_139

Kyushu2207_2_140

Kyushu2207_2_141


 フライトコースはこの通り。福岡―大阪間を移動しながらも中国地方を一瞬たりとも掠らない、というのは飛行機ならではです。


Kyushu2207_2_142


 雲が晴れた後半では四国山地や淡路島を上空から眺めつつ、定刻は19時10分のところを5分弱の僅かな遅れで関西空港T2へ到着。降機後はT1-T2間連絡バス→南海→地下鉄→阪急と、また遠い家路が待っています。南海空港線はラピートが全便の運転を再開しているので先発ならば乗っていくつもりでいましたが、先に出る空港急行が難波まで先着してしまうのでわざわざ待つ意味はなく、メタリックブルーのニクい奴にゴメンネと謝りながら、ロングシートに身を委ねることになりました。実際、空港急行は関空開港当時よりも増便されて利便性が上がっていますからね。


Kyushu2207_2_143


 スクラート胃腸薬のお蔭か、胃痛は心なしか緩和されたか少なくとも悪化は抑えられた……ような気が。こちらはともかく眠気の方は素通しなので最後の阪急の車内ではへばっていましたが、また今回の旅も無事に終了です。関空T2経由でしたが博多を同時刻に出発する新幹線のぞみと比較しても30分程度のビハインドで済んだので、やはり腐っても(?)飛行機ですね。台風上等の出立でしたが結果としてはアドリブも巧くこなせましたし、不可抗力への対応としては限りなく100点に近いということにしておきましょう。今後は10月の頭にコロナちゃん次第で「行けたら行く」予定があるものの、“人流”──人間の主体性を無視して完全にモノ又は物理現象扱いですね、いや衆愚の行動の描写としては誠に適切な造語ですが。“社畜”みたいに──なんて如何なる賢人にも制御できるわけでなし、それまでは最大限の主体的対応として再び巣ごもりだか引きこもりだかの日々でしょうね。

今日の歩数カウント:17,314歩

<完>

(2022.07.05)

2022.08.10

22/07/05 (8)福岡市交空港線・箱崎線【天神→姪浜→貝塚→福岡空港】

 天神地下街のインフォメーション広場(下1枚目の写真)に面している地下鉄天神駅中央改札口(2枚目)。前回来た時には写真を撮っていなかったので、今回はこうしてスピッツファンよろしく記録に残しておきます。私はファンとまではいかないものの、世代としてはもろストライクですからね。英国のオアシスVSブラーとは異なり、(売り上げはともかく)ミスチルとファン同士張り合っていたというわけではないですけれど。

続きを読む "22/07/05 (8)福岡市交空港線・箱崎線【天神→姪浜→貝塚→福岡空港】" »

2022.08.09

22/07/05 (7)福岡市交七隈線【天神南⇔橋本(往復)】

 まずは博多駅にて福岡市地下鉄(※「市営地下鉄」ではなく「市地下鉄」が公式の呼称)の一日乗車券を購入。値段は大人640円です。うっかり自動券売機で購入してしまうと紙製で文字を印刷しただけの無味乾燥なものが発行されてしまうので、ここはサービスセンターへと赴いてプラスチック製のものを入手。高耐久性という実用面もさることながらちょっとした旅の記念にもなりますし、何よりこうして趣向を凝らしたデザインが楽しいですからね。

続きを読む "22/07/05 (7)福岡市交七隈線【天神南⇔橋本(往復)】" »

2022.08.07

22/07/05 (6)鹿児島本線【折尾→博多】

 乗り継ぎ先の電車が発車する3番のりばへと移動。接続時間が8分しかないので写真撮影に時間を割くと余裕は殆ど無いのですが、折尾の名物駅弁「かしわめし」の立ち売りを見掛けたならば流石に足を止めないわけにはいかず、肖像権の件もあるので後ろ姿のみコッソリと撮らせていただきました。もし乗り継ぐ列車が特急ならば一も二もなくお買い上げだったのですが、生憎座席にテーブルの無い快速なもので…… 福岡の街まで持ち越すという手もあったものの、これもこの季節だと屋外のベンチでというのはちとしんどいですから。それにしても改築されたばかりのピカピカの駅において、まるでこのおじさんの周りの時空だけが歪んでいるかのようなちょっと不思議なシーンでした。

続きを読む "22/07/05 (6)鹿児島本線【折尾→博多】" »

2022.08.06

22/07/05 (5)福北ゆたか線・その3【直方→折尾】

 11時06分発の折尾経由若松線直通若松行き普通列車に乗車します。充当車両はこちら↓、BEC819系の2両編成。電化区間は普通に架線集電で、そして非電化区間は搭載した蓄電池からの電力供給で走行するという蓄電池電車です。DUAL ENERGY CHARGE TRAINの頭文字をとって「DENCHA」の愛称をもつ──という説明は何処にでも書かれているのですが、私はあまり言及されていない形式名のBECの由来の方が断然気になって。とはいえ中学1年生でもわかるようにBattery Electric Carの頭文字なのでしょうけれども。

続きを読む "22/07/05 (5)福北ゆたか線・その3【直方→折尾】" »

2022.08.05

22/07/05 (4)福北ゆたか線・その2【篠栗→直方】

 篠栗線の吉塚から篠栗までは明治期に開通しているのに対し、篠栗―桂川(けいせん)間は筑豊本線沿線から福岡市へのバイパスルートの一部として1968(昭和43)年に開通した区間。走り出してみればすぐに鉄建公団建設線だと判る造りです。この篠栗エリアは古くからの景勝地として知られているそうで、なかでも「篠栗四国八十八箇所」と称される霊場群が有名。車窓からも観光客で賑わっていた当時を偲ばせる観光ホテルの古びた案内看板が見られました。

続きを読む "22/07/05 (4)福北ゆたか線・その2【篠栗→直方】" »

2022.08.03

22/07/05 (3)福北ゆたか線・その1【博多→篠栗】

 博多駅到着後、まずは荷物をコインロッカーに預けて身軽になります。6年前の福岡訪問では筑紫口のロッカーを使ったのですが、筑紫口は別名新幹線口とも呼ばれているように新幹線から降りてくるとこちら側へ出てくるようになっているため、今回も全く同じ場所にあるロッカーを利用することになりました。こちらもそうですが最近は交通系ICカードが支払い手段及び鍵の代わりになるロッカーが増えてきたので、段々と“コイン”ロッカーという名称も不整合に(“網”棚みたいなものですね)。当然、どこぞの外国のロッカーのようにクレカオンリーという意地悪なことはなく、現金での支払いもOKです。

続きを読む "22/07/05 (3)福北ゆたか線・その1【博多→篠栗】" »

2022.08.01

22/07/05 (2)九州新幹線【熊本→博多/800系<つばめ>】

 自動券売機できっぷを入手。当日購入ですので基本的には無割引となります。その必要に迫られなかったという意味において飽くまでポジティヴに捉えているものの、正規運賃・料金で新幹線に乗るのは十数年ぶりになるはず。JR九州のネット予約サイト経由ならば当日購入でも自由席と同額で指定席が利用可能なのですが、博多までは各駅停車でも1時間未満ですし、目の前に券売機があるのにわざわざスマホをポチポチというのも間抜けかつ馬鹿馬鹿しいので、そのまま自由席にしておきました。お値段は4,700円。Oh……

続きを読む "22/07/05 (2)九州新幹線【熊本→博多/800系<つばめ>】" »

« 2022年7月 | トップページ

スポンサーリンク

Blog内検索

無料ブログはココログ